:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
マリアビートル:伊坂幸太郎
2010年 11月 29日 |

元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。
狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。
ツキのない殺し屋「七尾」。
彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み―物騒な奴らが再びやって来た。
『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。3年ぶりの書き下ろし長編。(「BOOK」データベースより)


あーーーーっ!!!!マジ面白かった!!!最高。
伊坂節、これだよ、これ!って感じ。
伏線をしっかり貼ってしっかり回収する。
読み手がにやっとする作品。

「グラスホッパー」の続編と言われてますが
あのときの登場人物が出ては来るものの
話はまったく別物なので
読んでいなくても楽しめますが
「グラスホッパー」の後に読んだ方が倍楽しめる、と
いった感じです。
ただし「グラスホッパー」を陰とするならこちらは陽。

もちろん殺し屋たちの話ですし、不快な表現もあれば
死体もごろごろ出て来る。
それでも両作とも読後感の爽快感はなんともいえない。
どこかで映画の「ダイ・ハード」とか観たときのような
緊張感と痛快感と評されてましたがまさにそんな感じ。

いつもは仙台を舞台に書くことが多い伊坂作品ですが
今回は東京から盛岡に至る2時間半の東北新幹線が舞台。
ほぼこの中だけで話が進みます。
これもまた新鮮。

「王子」には心底いらいらむかむかさせられますが
それがまた読むスピードを、この子はどうなるんだ?と早め
魅力的な(え?)殺し屋たちの会話も伊坂ワールドどっぷり。
登場人物達がアクが強くて魅力的。

とりあえず最後まで読めばこの愉快さきっとわかります。

ネタばれしたくてうずうずです(笑)
[PR]
<< 冥府神の産声:北森 鴻 PageTop 告白:湊かなえ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon