:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
和菓子のアン:坂木 司
2012年 12月 15日 |

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。(「BOOK」データベースより)


相変らずの坂木ワールド!
人の死なないミステリー。
ごくごく普通に生活していて
あれ?と疑問に思う瞬間
他人に対して、何?と
感じる色んなこと。
それを観察眼と知識で
解いていく日常ミステリーな
連作短編集。

デパ地下を舞台にってとこで
まず女子はOKでしょう。

ただ今回の主人公、若い!
まず高3の3学期。
大学に行きたいほど勉強が
好きじゃない、でもかといって
何か特別やりたいことが
あるわけでもないから専門学校も
ちょっと。。。と
進路が決まらない18歳の
女の子が主人公。

うーん。若すぎだなぁ。
こりゃ読めるか?ついていけるか?
感情移入できるか?と
不安に思ったのも束の間。
そこに広がるのは
ほろっと泣けて
ほわっと心温まる世界。

ダイエッターには危険な本かも(笑)
な本作、1話目は「和菓子のアン」
アンちゃんこと梅本杏子が
デパ地下の和菓子屋さんで
働き始め、上生菓子をお使いで
買いに来たOLさん。
5月のお菓子’兜’と’おとし文’
前回半々で買って行ったそれを
今回は兜9個とおとし文1個
その数に隠された意味と
6月1日に買って行った
’水無月’の上生菓子9個の
厄払い。氷の節句。
無事に過ごせた半年の厄を
祓いこれから半年の無事を
祈って食べるお菓子。

って桃の節句、端午の節句以外も
そんな節句があると主人公共々
びっくり。ほうほう。

「1年に1度のデート」は夏
お中元とお盆の季節のデパート。
お中元のお買い物以来
1週間に1度はお越しになる
お客様。いつも黄色と白か
緑と白のセンスのいい
ファッションのおばあちゃま。
でもその服の色に含んだ意味と
買って行かれる上生菓子の意味。
’松風’というカステラに似た
焼き菓子で表面は
胡麻や芥子の実に吹き付けられた
そんなお菓子に名付けられた
松風の由来は「松風の
音ばかりで浦(裏)がさびしい」
会いたいと思う気持ち。
七夕と同じように年に一度だけの
遠距離恋愛なのに
決定的な違い。

などなど和菓子のうんちくと
引っ掛けた楽しさいっぱい。

なによりこの主人公のアンちゃんが
とてもイイ子なんですよ。嫌みがなく
前向きででも時々卑屈になったり
ちょっと臆病になったり
それでも、ごくごく普通の家庭で
しっかり育てられたお嬢さんだなと
好感が持てるんですよね~。
その彼女が彼女なりに真っすぐ
お客様と向き合い、店長同僚たちと
何か物事が起きるごとに
色々感じ、考え成長して行く
とても読後感のいい一冊。

絶対読んだ後、デパートの和菓子店へ
行きたくなりますよー。

ちらり坂木の別作品「切れない糸」と
絡んでるところもあって
坂木ファンには嬉しい仕掛け♪
[PR]
<< シャバはつらいよ: 大野更紗 PageTop 切れない糸:坂木 司 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon