:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
モダンタイムス:伊坂幸太郎
2009年 07月 31日 |


久々に浸った伊坂ワールド。
はじめっから飛ばしてくれましたが途中少しもたつき
ラストは、まぁハッピーエンドだからよし?的な「?」で終わる作品。

「魔王」の続編的小説ですが時代が次の世代、近未来が
舞台になってるので物語としては
過去、そーいう人がいたのね〜程度に独立して読むことも可能。。。
ですが読み終わった後、もぅ一度「魔王」を読みたくなりました。

元SEの作者ならではのコンピュータ用語やSEの仕事のことやら
判る人はにやっとしてしまうディテールや
映画や音楽を効果的に使う手法、
「実家に忘れてきました。何を?勇気を」や
「そういう仕組みになっている。」
といった引込まれるフレーズは伊坂節そのもの。

でも初めて伊坂を読む人にはこれは勧めませんね。
伊坂の味を判ってる人が楽しめる一冊。

まぁ伊坂にしては「魔王」に続き超能力に
話がいっちゃうことに疑問を感じる人もいるかもしれませんが
もともと「かかし」が喋っちゃったりあり得ない世界を
描かせたら天下一品、十分あたしはアリだと思います。

それでも
現在から50年ほど先の話、やたらと20世紀好きな人が
出てくるのは手抜き的な空気と「知識の共有から得られる
親近感」という読者サービスとの両方を感じたり。。。

帯にある言葉は「検索から、監視が始まる。」
人はわからないことにぶつかったとき何をするか?検索をするんだよ、と
五反田先輩が主人公に教えるシーンがあるのですが
まさに、あたしなんてその通りなんでドキッとさせられましたね。
伊坂からの「国家による監視社会」に対する警告のようで。
とりあえず「播磨崎中学校 安藤商会」はググらないことにします(笑)

個人的に五反田先輩、主人公の妻、佳代子、
佳代子が雇った暴力業のお兄さんの岡本猛なんか
かなりいいキャラで好きですね〜。



勇気はあるか?
彼女が持っている。俺がなくしたりしないように。
[PR]
<< 桜田門外ノ変 上下巻:吉村 昭 PageTop かあちゃん:重松清 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon