:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
マイナス・ゼロ:広瀬 正
2009年 09月 29日 |

1945年の東京。空襲のさなか、浜田少年は息絶えようとする隣人の「先生」から奇妙な頼まれごとをする。18年後の今日、ここに来てほしい、というのだ。そして約束の日、約束の場所で彼が目にした不思議な機械―それは「先生」が密かに開発したタイムマシンだった。
時を超え「昭和」の東京を旅する浜田が見たものは?失われた風景が鮮やかに甦る、早世の天才が遺したタイムトラベル小説の金字塔。
(「BOOK」データベースより)

あたしの大好きなタイムトラベルものです。
基本、SFは好みではないのですがタイムトラベルは好き。

主人公が、昭和38年から昭和7年にタイムトラベルするのですが
その昭和初期の描写がいいです。
そのレトロな時代が好きな人にはそれだけで楽しめる。

当時の銀座の様子やかなり事細やかに調べられたであろう
古き良き東京。
個人的なことですがつい先日江戸博物館に行って
「十二階」だとかそういった時代について
触れたばかりだったのでなんてタイムリー。
(もし行く機会があればこの本を片手に!)

さて、もちろん、その時代だけを語った本であれば
別に時代設定をそこに合わせればいいだけのこと。
さらに作者は次なる試みを。

タイムマシンがひきおこすパラドックスを
どう解明するか。

例えば自分が生まれる前の時代まで戻り
自分の祖父を殺したとする。
自分はどうなるか?
過去に戻り自由に操作することで運命は変えられるのか?

様々なタイムトラベルをベースにした小説では
その独自の答えをそこで披露しています。

こちらでも綿密に計算され、つじつま合わせとしては
かなり完成度の高いものでは?
ぜひそのあたりも合わせて楽しんで欲しい一冊。
だってこの最後のまとめ方と言ったら。
爽快ですよ。
ん?と首をひねるような、じゃああなたは誰から
生まれたの?と思われるかもしれませんが(笑)
ゆっくり何度でも読み直して味わってください。

タイムパラドックスを利用したならではの大団円。
おおっ、と楽しめること請け合い。
時空を超えたラブストーリーにも嫌みがなくヨイです。
[PR]
<< あるキング:伊坂幸太郎 PageTop ネクロポリス 上下巻:恩田 陸 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon