:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
Fake:五十嵐貴久
2009年 10月 09日 |


興信所の調査員・宮本と美貌の東大生・加奈は、浪人生・昌史を東京芸大に受からせるため、センター試験で完璧なカンニングを実行する。しかし、それは罠だった。全てを失った彼等は、昌史の父親を巻き込んで、復讐のため十億円を賭けたポーカーの勝負に打って出る。
入念なイカサマを仕掛けた四人は、決して負けるはずがなかったのだが―。
(「BOOK」データベースより)

この作者のね、エンターテイメント性が好き。
読んでいる間、存分にその世界で楽しめる。
例えば2時間ドラマのようにね。
人生観変えちゃうとか感動しちゃうとか
そー言うのは他にまかせて
ちょっと脳みそに、ぴっと刺激を与えて楽しむ。
くすっと、にやっと笑う。
そぅきたか!!!と大きく胸打たれるよりも
そーだよねぇ?(笑)と作者と同調する
そんな世界を見せてくれる五十嵐作品は嫌いじゃないです。

コンゲームってわかります?
コン=confidence=信用、信用詐欺のことなんですって。
映画でいえば「スティング」や「オーシャンズ11」のような
見終わった後のあの騙された爽快感、見事してやったりな作品たち。
頭脳と頭脳の闘い。

この本は、大学受験のカンニング事件から
10億といった大金をかけたポーカーゲームを
ベースにしたコンゲーム。
作者の広げた罠に読者も騙されぬよう気をつけて。

実際のそのトリックに無理があるとかないとか
考えちゃうようでは騙された後の爽快感が低いってことですが
そんなん無視して、小説の楽しさの中に
どっぷり身を投げた方がずっと楽しめる。
あー、面白かった!で終われる、そーいう楽しさを、
作者の投げた駒に対して
あーだこーだと分析するよりもあたしは好きです。

ラストのポーカーの試合の心理合戦はかなり面白かったです。

ま、ちょっと恋愛的な匂いまでさせちゃったのは広げ過ぎな感が
ないでもない(苦笑)

時間の空いている時に一気に読むのがお薦め。
[PR]
<< 向日葵の咲かない夏:道尾 秀介 PageTop あるキング:伊坂幸太郎 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon