:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
カテゴリ:ま:松樹剛史( 1 )
|
2005年 08月 31日 |
a0104226_1158108.jpg
 はっきり言ってあたしは賭け事が好きではナイので
競馬に興味はなく、馬も見ればキレイだなぁとかカワイイなぁとか
思ってもおまぬけ度が低いので特別愛着を感じたことも
ナイので、この本を薦められたときも
うーん、競馬の話ぃ?馬の話ぃ?
なんか優駿みたいな妙にコギレイな話を想像したのですが。。。
オモシロイ!!!競馬なんてわかんない〜な人も
十分楽しめます。もちろん競馬好き、馬好きにはたまらないのでは。

技術的には優れているのに、自分のプライドを守るために
イヤらしい営業活動を拒み、常に貧乏を強いられている
フリー騎手の中島八弥は、以前、所属していた厩舎に
週1本あるかどうかの騎乗依頼をまわしてもらって生計を立てている。
ところが、フリーの騎手にまわってくる馬といえば
どれも一癖も二癖もあるような馬ばかり。
それでも、尊敬していた兄弟子を理想像とし騎乗する。
初めは、そんな感じの、フリー騎手が転々と色々な馬と
その人間関係を描いた連作?と思ったら大間違い。
しっかり伏線を張った素晴らしい長編小説でした。
八弥を初めとした登場人物達も必要なところは必要なだけ
無駄がなく描かれ、また同様に様々な馬たちが描かれているが
これまたみな個性的。これから競馬を見る目が変わりそう。
そう、何よりレースシーンが素晴らしい。
臨場感と共に冷静な騎手としての思考が同時に伝わってくる面白さ。
矢張り、あたしにとって「面白い小説」って
絵が浮かびやすい小説なので、その意味でもまさにこれは傑作!
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon