:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
カテゴリ: :乾くるみ( 3 )
|
2008年 12月 30日 |
a0104226_113586.jpg
ドレミ…の音が聞こえない?巨乳で童顔、憧れの先輩であるエリちゃんの前でクラリネットが壊れた直後から、僕の耳はおかしくなった。しかも怪事件に巻き込まれ…。僕とエリちゃんの恋、そして事件の行方は?『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大ブレイクの著者が贈る、待望の書下し作が登場。
(「BOOK」データベースより)

本を開いて読み始めて。。。あれ?と思う。
裏に書いてある紹介と本の内容が全然違うじゃん?
なに?なんだ、これ。え?と思ったら
なんと最初は「マリオネット症候群」
まったく別の中編。
その後に「クラリネット症候群」
こちらも中編、書き下ろし。
別に連作でもなんでもなくまったく別の話が
2作はいってるといった具合。

これが両方ともとても良質な中編で
読みやすくて、さらっと中に入れちゃうし
もぅ先が気になってしょうがない。
2作ともそんなパワーを感じる良作。

マリオネット症候群はその名の通り
自分が自分の身体の中でまるでマリオネットのように
他人に自由に動かされ、自分は何もすることが
できなければ、声も発することもできず、操ってる相手と
会話を交わすことすらできない。
いったい誰が自分の身体を動かしてるかと思いきや
主人公、御子柴里美が憧れていた
サッカー部のキャプテン、森川先輩。
けれど先輩はその前夜、誰かに毒殺されていた。
先輩の魂があたしの中に入ってあたしとして生きている。
昨日、バレンタインのチョコをあげたばかりの相手が。。。
犯人は誰?主人公はもとに戻れる?
なぁんてフツーの?をすべて裏切る面白さ!

クラリネット症候群は、あの有名な歌、
ドとレとミの音がでなーい♪のように
ドレミファソラシドの音が聞こえなくなってしまった主人公の話。
もぅこれまた面白い!
文章にあちこち「穴」が〜っ。読者はすべてその音を
想像しながら読まなければいけません(笑)
「 う像 ながら読まなけ ばいけません」てな具合。
育ての親のような存在の「関さん」が大事にしている
商売道具のクラリネットの「クララ」を
壊されてしまってから、そんな症候群になった
主人公、犬育翔太。
まずクララをどうしよう?さらに、そこに関さんが
暴力団に拉致、監禁されてしまって。。。

登場人物たちがみんないいんです。
アパートの住人たちも面白すぎ。

かるーく読むのに最適なこの2編。
おすすめです。
[PR]
2008年 05月 20日 |
a0104226_2023564.jpg
「リピート」—それは、現在の記憶を保ったまま
過去の自分に戻って人生をやり直す時間旅行のこと。
様々な思惑を胸にこの「リピート」に臨んだ十人の男女が
なぜか次々と不可解な死を迎えて…。
独自の捜査に着手した彼らの前に立ちはだかる
殺人鬼の正体とは?
あらゆるジャンルの面白さを詰めこんだ超絶エンタテインメントここに登場。
(「BOOK」データベースより)

ケン・グリムウッドの「リプレイ」とアガサ・クリスティ−の
「そして誰もいなくなった」をあわせたような作品ということですが。。。

これまた「時間」繰り返しモノ。
このネタは色々な作家さんの味が、色んな形ではっきりと
出るのでオモシロイ。

「過去に戻って人生やり直せます」という、様々な妄想、それも
自分にとってとてつもなくプラスであろう妄想を抱きがちな設定なのに
これだけ悪意に満ち溢れた展開、すごいですよ。

戻れるのは10ヶ月前。
そして一緒に行くのは風間を含めて全員で10人。
1日でもなく、10年でもなく、10ヶ月。
競馬の大穴をあてて億万長者にもなれる。
失敗した受験をやり直すことも、振られた彼女の本性を
見せつけられる前に別れることだって。。。

そうこの登場人物達、みんなとても利己的。
そこがまたリアルでもあり。
競馬で儲けることを考えてもまず不自然に見られないように
危ない人種に目をつけられないように、と考え
複数いるからこそ、誰か一人でも秘密をもらしたら自分も
世界から奇異な目で見られることを恐れて箝口令をひく。
一度きりと言われたタイムスリップを何度もすることで
年を取らないことを望み、相手を出し抜くことを計算する。。。

主人公の毛利ですら身勝手で女好き。自分のことだけしか
考えられない。
けれどそんな人たちだからこそこの小説によりリアリティを生み出し
また不気味さと同時に妙な親近感すら湧かせる。

ラストにかけて、次々に起こる怪死の謎は解かれ
問題のその日、どうなる?というスピード感もあり
話をどう着地させるのか、という点でも十分楽しめました。

分厚い分、じらし感もたっぷり。じわじわとじらされているうちに
いつのまにか自分もその世界にすっかりはまっていました。
[PR]
2008年 04月 03日 |
a0104226_1503264.jpg
大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは
代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり
夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。
マユのために東京の大企業を蹴って地元静岡の
会社に就職したたっくん。
ところがいきなり東京勤務を命じられてしまう。
週末だけの長距離恋愛になってしまい、
いつしかふたりに隙間が生じていって…。
(「BOOK」データベースより)

目次から仕掛けられた大胆な罠、全編にわたる絶妙な伏線、
そして最後に明かされる真相…。
80’sのほろ苦くてくすぐったい恋愛ドラマは
そこですべてがくつがえり、
2度目にはまったく違った物語が見えてくる…。
(「MARC」データベースより)

と両方のデータベース内容紹介を。

いやぁすごい。
びっくり。
読み終わってもぅ一度読み返してしまう、って
そうせざるを得ないじゃないですかっ(苦笑)
えええええ?って。
最後の2行は絶対に読んじゃだめですよ。
文字も目に入れちゃだめです。
うっかり開いてしまったら速攻目を閉じてください。

え?ミステリー?なにこれ。んも。三文恋愛小説?
とでも
うわぁ。こーいう青いきゅんっとくる初体験的な恋愛小説好き!
とでも
どうとでも読んでください(笑)
どちらも裏切られますから。

とくにこちらのサイト、素晴らしい(笑)
ここまで解き明かしてくれて、また3度目を読み返して楽しめます。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon