:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
カテゴリ: :石田衣良 ( 11 )
|
2008年 07月 22日 |
a0104226_22455788.jpg
あの銀行を撃ち落とせ!謎の老投資家が選んだ
復讐のパートナーはフリーターの“おれ”だった。
マーケットのAtoZを叩きこまれた青年と老人のコンビが挑むのは
預金量第三位の大都市銀行。
知力の限りを尽くした「秋のディール」のゆくえは…。
新時代の経済クライムサスペンスにして、連続ドラマ化話題作。
(「BOOK」データベースより)

これ、石田衣良なんだよねぇ、と何度も確認してしまった。
確かに石田衣良らしい表現は多々あるけれど
こんな「経済小説」も書くんだ〜とびっくり。
(後から知ったのですが石田氏、作家になる前は
株で生計をたてていたとか)
株は未経験、まったくわからないあたしでも
なんとなくわかったような気がしちゃう、知らない世界を
ちらっとだけ見せてもらったような。。。。という軽さがこの作者の
いいところなんでしょうね〜。
なんとなくわかったような気がするお得感みたいな。
実際に株をやっている人には、そんなもんじゃあない、ってもんでしょうが。
あくまでそこは「エンターテイメント」として
純粋に楽しむところかと。

バブル期に行われた大手銀行の、老人をターゲットとした悪徳商法のような
融資付き変額保険に憤りを感じ復讐する、と
いうことなのですが(まぁ実際にダメージを与えられたのは
銀行というよりも投資家たちだと思うけれどそーいうつっこみは
置いといて。。。(苦笑))
巧みな情報操作(らしき)動きを楽しむと結構気分盛り上がって
なかなか面白くはまれましたが。。。
違う人が書くともっとシリアスで哀しい話にもなるんでしょうね。
着眼点が違うというか。そこがまた面白い。
結構、石田作品にはそーいうパターン多いと思う。
現代の病巣や問題を取り上げつつさらっと読ませる。
気持ちのよい読後感とともに。

騙される側と騙す側、それに対する考えのやり取りも
とても興味深く読めました。

銀行内部の話も多々出てきます。
元大手銀行員ですが(笑)支店勤務経験はナイのでそこらへんは
ノーコメントで(苦笑)
小説だから、と切り捨てきれない自分がいます(>ε<)ぶっ
[PR]
2008年 06月 22日 |
a0104226_1911969.jpg
上野・アメ横通り。繁、サモハン、ヤクショの三人は
この街で暮らす幼なじみ。仕事上がりに
ガード下の定食屋に集まるのを楽しみに生きてる、
そんないまいちクールじゃない毎日。
だが、酔っ払いに息子を殺されたという老人と
知り合ったことにより、アメ横の夜を守るべく「チーム」を結成することにした。痛快青春ミステリー。
(内容紹介より)

ま、さらにその3人に生活支援施設で暮らす”天才”が
加わり、上野が暮らしやすく、風通しよくするために
ガーディアンとして活躍してく様子の書かれた連作短編集。
確かに「IWGP」と比べてしまわれるかもしれないけれど
あたしはこっちはこっちでかなり気に入った!
各章ごとに散りばめられたミステリー的要素も
話のパンチを効かせるいい味付けになっているし
何より登場人物達が魅力あるし
いい感じに石田節が味わえる良作。

街に住む若者の生活を描いた作品を色々と発表しているけれど
これだけ街のその上の世代たちとの絡みもあると
むしろ読んでいて心地よい。
やくざ家業の人たちとの付き合いや、アメ横で商売をする
おじさん、おばさん、ここまで周りと溶け込んでるガーディアン
ある意味理想。
「今が楽しければいい」の思考は至って理解しやすいし
昼と夜、違う顔を持ちたい、持つことで満たされる何かも
わかりやすい。

確かに石田衣良っぽい会話のスムーズさ
予定調和すぎる流れは多々あり、そりゃうまく行き過ぎ?と
思うところもあるけれどそんなところで長々と延ばされても
無駄が多いだけだしね〜。
ただそれにしても、施設住まいの「天才」が
幼い発言や天使的な素直さを見せるのはわかるけれど
それ以外の「その他の登場人物」でもそれちょっと
この人も障害ある人?と思っちゃうような発言や
シンプルすぎる行動が気になったかなぁ〜。
シンナー中毒の男の子や監禁障害を繰り返しちゃう
ダンサーやヘルス嬢に入れあげちゃって些細な
嫌がらせをする男の子や。。。
そんなにおばかさんが多いのか?(苦笑)
メインの登場人物達以外では
アンティーク雑貨屋の店主相良老人や
天童会の「キャスター」はかなり好きなキャラですが(笑)
(立ちんぼの仕事を夜の顔とするレイカさんも
もっと活躍して欲しかったなぁ〜)

さらっと1日で読めて読後感は爽快、そんな本を
探しているのならぜひこれ。
[PR]
2008年 04月 27日 |
a0104226_18301851.jpg
中道良太25歳。涙もろくて純情で、でも根っから「いまどき」の
男子でもある若き小学校教師が地方都市の名門公立小学校を舞台に
縦横無尽の大活躍!!
(出版社 / 著者からの内容紹介)

いやぁ泣いた、泣いた!(笑)
きもちーーーーっ。
いいねぇ。

まっすぐ、単純、誠実、純情で茶髪、ドクロのアクセサリー
ジャージにだってこだわっちゃうごくごく「普通」の
小学校の先生。
我が子が小学校にいるときこんな先生に見てもらえたら、と
思いながら読んだり、M教師(問題ある教師)の登場に
眉をひそめたり、同僚のクールさの過去にもっと
深く彼に興味を感じたり、とことんこの世界に
引込まれました。人間ドラマとして秀逸なだけではなく
いったい何?と謎解き要素もあったりして
存分に石田ワールドを楽しめました。

優等生なのに授業に参加しない挙げ句
教室を脱走する子供に対するリョウタ先生の
まっすぐな「子供が大事」という思い
不登校になった同僚のために動く龍一とリョウタ
もしかして自分の生徒が自分の家に火を放った?と
会見を受け、その子供の気持ちを思い涙するリョウタ
クラスの順位争い、クラス担当の先生の評価に
直結するだけに、先生の為にと自主学習する子供達
その中で苦しむ勉強のできない子たちの表情に
戸惑う姿、すべてが人間的。

そう、人間的なの。相手を大事にしてるからこそ
損得なしに、直感だけで動くリョウタの行動はとても
人間的、とともに、人として常にこれくらいまっすぐで
ありたいと思うほど。
リョウタは常にぶれていない。
どうしよう?とおろおろしたり、投げちゃいたくなったりするところも
恋したときはちょっと揺れちゃうところも含めて。

「学校は崩壊してるとか教師の質がどうとか
よくいわれてるけれど 自分の子供が学校に
通っている様子をみて、学校の先生はこんなに頑張ってる。
学校ってこんなにすごいよ、とか子供たちも
こんなにすばらしいんだ、といったことを本にかきたくなりました。」
と作者が以前テレビで言ってたらしいですが
まさしくその通りの話。
んー、すべての先生に読んで欲しいだけでなく
リョウタが教師としての仕事を面白がってる描写は
その職業を羨ましく思うほど。

強い人間が弱い人間を守らなくちゃいけない、と
その子の父親を、権力を振りかざし高圧的な父親を
優しくしてあげようと伝える、あぁ奥深い。

なんだろうなー、こんなにも爽やかな「青春小説」で
微塵もイヤミがない、本当に素敵な小説です。

個人的趣味を言えば龍一がめちゃくちゃストライクゾーンです(笑)
メガネ男子ヨワイんで(ゲラ
[PR]
2007年 07月 15日 |
a0104226_19215793.jpg
美丘、きみは覚えているだろうか。
ぼくときみがいっしょに暮らしはじめた八月。
あの夏の光と夜のやさしさを—。
残された命を見つめ、限りある生を全力が走り抜けた美丘。
彼女が生きたことの証として最期を見届ける太一。
奇跡のラストシーンに向かって魂を燃焼しつくした恋人たちを描く、号泣の物語。
(「BOOK」データベースより)

一切、予備知識なしで読みまして、ただの自由奔放な
女の子に惹かれて行く、優柔不断な男の子の恋愛話かと
思いきやとんだラブストーリーでした。
あたしはセカチューとか読んでませんが
きっと世の中、このテの話はお腹いっぱいかもしれません。

でも、あたしはもともと石田衣良の文章は好きだし
まぁちょっと流行や時代に媚びた感は確かにありますが
今の小説として読むとそれはそれで興味深いし
(数年後には読めないかも)
何よりあたし、ヨワイわ、このテのストーリー。
もぅ途中から涙ぼろぼろで大変、大変。

さてこの小説、いったいどこまでネタバレしていいんでしょうか?(笑)

まぁ紹介文を読んでの通り、主人公太一の彼女、美丘は
医原性の薬害ヤコブ病、脳外科の手術による感染。
いつ発症してもおかしくない状態。
詳しい症状についてはその説明すらこの本の読ませどころでも
あるのでいったん書いたものの削除。
だってその症状の説明だけで、今までの美丘の取った
行動の数々がすっと納得できるし
それゆえにまたせつないし読んでいて苦しい。

「愛情なんて、別にむずかしいことではまったくない。
相手の最期まで、ただいっしょにいればそれでいい。
それだけで、愛の最高の境地に達しているのだ。
ぼくたちはそれに気づかないから、いつまでも自分が
人を愛せる人間かどうか不安に感じるだけなのである。」

その境地まで行った二人の物語。

必死で自分自身でいようとした美丘。
たった一人、みんなよりも先に真実に気づいていた美丘。
命は火のついた導火線でためらっている余裕など
本来誰にもないということ。

いやぁ思いっきり泣いて気持ちよかった。
でもラストの1ページはちょっと陳腐。

というか、美丘はそんなお願い=約束をするような
愚かな人間とは思えなかったんだけどなぁ。
いかんですよ、その約束は(苦笑)
自分が本当に愛した相手を苦しませちゃいかんです。
残された相手の残りの人生を考えたら
それはあたしなら絶対に頼まないお願いごとだなぁ。
その病いに侵された故の最期を想像したら
そんな姿で生きていたくない気持ちはわかるけどね。

そーいう深みが足りずに安易に終わらせていいのか?と
ちょっと消化不良気味なところもありますが。。。
まぁ最後の選択が自分の意向に合わないというだけです。

読後、大泣きしてすっきりしたけれど後に残る感想は
石田衣良ってこーいう作品も書けるのかぁ、器用な作家さんだなぁ、と。。。
なんか一杯ヤラレタって感じがしないでもナイ(笑)

「奇跡のラストシーン」ってあるけれど全然奇跡じゃあないし
「魂を燃焼しつくした恋人たち」ってただエッチしまくりだし(苦笑)
あ、でもホント、途中からずーっと泣いてたんですよ、ええ。

でもまぁ勧めるかって言ったら、ご自由にってとこかなぁ。

(素敵表紙におおっ!と思ってこのモデルさん誰?と
名前を見てもわからなかったので、ぐぐってみたら
あーらそーいう方でしたか、という感じでした)
[PR]
2007年 05月 31日 |
a0104226_21132745.jpg
もう後がない!追いこまれた7人のそれぞれのラスト!
運転資金に苦しむ街工場主が闇金の返済期日に
とった行動とは?零細企業のサラリーマンが旧式の
テレクラで垣間見た地獄。ほか、全7篇。
内容(「BOOK」データベースより)

もしかしてこれは「LAST(最後)」じゃなくて
「LUST(欲望)」と(石田作品だし?)なんて
思ったのですがこれは間違いなく「最後」
様々な「最後」をシビアにシニカルに、けれど
優しく描いているオムニバス形式の短編集。
でもどの話も全部、救いがないなぁ(苦笑)
読後、あたしはかなーり疲労感が。
まるで、ドロドロの逃げ道のない人生を一つ分
体験してしまったかのような疲れが。
深くはまりすぎたようです。
まぁそれだけ面白かったといういことでしょう。

LAST RIDE(ラストライド) 工場経営悪化の為、多額の借金を抱え
最下層の街金にとうとう最後の最後まで追いつめられ自己破産も許されない。
家族を売るか、或いは。

LAST JOB(ラストジョブ)住宅ローンから日々の生活費を少しずつ、と
手を出したカードローン。カードの枚数は7枚となり行き詰まった主婦の
目に留まったのは携帯の出会い系サイト。そこで誘われた仕事とは。

LAST CALL(ラストコール)営業の合間の暇つぶしに入ったテレクラ。
ネットに移行して寂れ閉店に追い込まれた店で繋がったフリーターの
メグミ。過去のテレクラ体験の話をおもしろおかしく聞くうちに。。。

LAST HOME(ラストホーム)足の古傷と角のある性格ゆえどんな仕事も
長続きせず挙げ句の果てにホームレスに。ホームレスにもホームレスの仕事と
社会があり、やっと自分の場所を見つけたような気がした彼がみた
老人の最後に売るもの。

LAST DRAW(ラストドロー)街金の利息分すら払えない主人公が
借金返済のためあてがわれた仕事は、盗難通帳からお金を引き出す出し子。
怪しい中国人と組むことになったが最後のお金が引き出されたとき。。。

LAST SHOOT(ラストシュート)好条件ゆえに飛びついたカメラマンとしての
仕事はヴェトナムに一緒に飛びクライアントである医者の現地での
セックスシーンの撮影。ところが呼ばれたのはまだ年端の行かない子供だった。

LAST BATTLE(ラストバトル)サラ金の借金返済に駅前の看板持ちにまで
落ちた男達。毎日炎天下の中、何時間も立ち続けても借金は減らない。
そこに持ち込まれた組織同士の争いに決着をつける最後のバトルはロシアン
ルーレットだったが。。。
[PR]
2007年 05月 29日 |
a0104226_22132964.jpg
投資会社のオーナー掛井純一は、何者かに殺され
幽霊となって甦った。死の直前の二年分の記憶を
失っていた彼は、真相を探るため
ある新作映画への不可解な金の流れを追いはじめる。
映画界の巨匠と敏腕プロデューサー、彼らを裏で操る
謎の男たち。そして、一目で魅せられた女優との
意外な過去。複雑に交錯する線が一本につながった時
死者の「生」を賭けた、究極の選択が待っていた—。
(「BOOK」データベースより)


気がついたとき、自分は空中をふわふわと浮いていた。
不自由だった足も違和感なく自由に動く。解放された気分。
これは夢の中なんだろうか?
ふと見ると、暗い森の中、裸で土の中に埋められようと
している裸体の男の姿が。むごい死に様を目にして気付く。
(これは、ぼくだ!ぼくが埋められている)
ぼくは殺された?
そして始まる産まれる瞬間からのフラッシュバック。
ところがどうしても過去2年の記憶が戻らない。
どうして自分は殺されることになったのか?
記憶喪失の幽霊が「自分自身の殺人事件」の謎を
解いていく異色のミステリ。

話うますぎなトコもありますが
面白いです。グロい描写もありますが
幽霊という言葉をほとんど使わずに幽霊の存在を
自然に肯定できてしまう描写が気に入った!(笑)
一般論の幽霊の足のない理由も幽霊がなぜ
音の関係する場所に出やすいのかなど
ごくごく自然に納得させてしまうユーモアセンス。

自分を埋めたヤクザな二人組の凶暴さ以外の
一面やどうして犯罪に手を染めたのか、や
すべてにおいてやっぱり作者の視線は
とても優しくすべてを肯定していくようで
読んでいてそれはとても心地よいです。

実態を持たない純一の攻撃シーンなんて
映像化したら十分に面白そう。
きっと誰が読んでも嫌悪感は
持たないと思うのですがどうでしょ?

最後の決断とかね、読んだ後気持ちがほっこりしますよ♪
[PR]
2007年 01月 31日 |
a0104226_1442026.jpg
 刺す少年、消える少女、潰し合うギャング団…。
ストリートの「今」を鮮烈に刻む青春ミステリーの
ニュービート。オール読物推理小説新人賞受賞。
(「BOOK」データベースより)

同じ若者向けにテーマを発信しながらも
先日読んだ桜井亜美とは両極端にすら感じる
石田作品。この温度差は何かなと思ったのですが
きっとそれはエンターテイメント性なのかな、と。
読者に読ませる手段の違い。

ドラマ化など「世間一般」に大ヒットしすぎると
どうしても手が出なくなる性格なので
いつも遅れて気がつくことが多いのですが
まぁそれはそれでよし。
本に関しては本当に「売れているモノ」は
おもしろいモノなんですね〜。
これはもぅホントおもしろい。

舞台は池袋。西口公園をメインに繰り広げられ
あの場所であんなことがなんて思うと
それだけでも楽しい。
果物屋の息子、マコトは池袋界隈を仕切るGボーイズの
リーダータカシと友達ではあってもGボーイズではなく
どこにも属さず自由な位置で、何でも屋的
本来持つ頭の良さ(これは勉強ができることとは無縁)で
組織的に、計画的に、事件を解決へと終焉へと
導いていく爽快な連続短編集。
口語体でキレのいい文章、読みやすい、そして
イメージにあった文字の並び具合、段落間の
小さなカット。
どれもこれも登場人物ともども好印象。
「考えろ、考えろ」と必死で答えを探す姿も
仲間同士でバカやってる姿もすべて。

ソープ嬢に電波マニア、イラストの上手いおたく
ヒッキーにチームのカリスマリーダー
それはもぅ様々な個性が集まって作り上げられる世界。
そしてそのすべてを受け入れられる懐の深い作品。
没個性な世の中にぜひ。
[PR]
2007年 01月 06日 |
a0104226_132171.jpg
 40歳から始めよう。 人生後半、胸を張れ。
人気作家が初めて描く同世代のドラマ。
著者、会心の長編小説が誕生!人生の半分が
終わってしまった。それも、いいほうの半分が。
投げやりに始めたプロデュース業で
さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する
吉松喜一、40歳。生きることの困難と
その先の希望を見つめた感動作!
(「BOOK」データベースより)

泣きました。2007年初泣き作品。

40歳、微妙な年代。確かにリストラや
いずれ「順番」にやってくる病気や死
会社の派閥争い、離婚、引きこもりの成れの果て
今の時代、世相を反映した状況設定だけれど
その一つ一つの解決法は単純といえば単純。
大企業から抜け出して先輩と一緒に始めた会社と
そりが合わず、独立し、翌月の事務所の家賃や
3LDKのマンションのローンに四苦八苦なんて
きっとよくあることで、よくあるまま、みんな
もがいているのではないかな。
誰も運良くITバブルの王様と出会えるわけでもなければ
ブログが大ヒットを記録するわけでもなく
大手企業を差し置いて企画が通るわけでもない。
けれど小説の中でそれをつっこんでるような人は
小説なんて読まなければいい。
そう言い切りたくなる程、読後、happyな気持ちになれる本。

プロデュース業として来る仕事来る仕事どれもみな
面倒臭い細かいことばかり。それでも主人公は
お節介心も手伝って、それでもどこか、オレに
んなことできないよと、ぼやきながらも必死にじたばたする。
その結果がつれてきたもの。

連作短編集の形ですがどの話もラストはとても暖かい。
この優しさがきっと癖になる。
最後の一話はその集結。
末期ガン患者のプロポーズなんて泣くしかないじゃない?
[PR]
2006年 12月 30日 |
a0104226_1293339.jpg
 東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で
風よりも早くこの街を駆け抜ける。
ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の
同級生4人組。それぞれ悩みはあるけれど
一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら
空だって飛べるかもしれない—。
友情、恋、性、暴力、病気、死。出会ったすべてを
精一杯に受けとめて成長してゆく14歳の少年達を
描いた爽快青春ストーリー。直木賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)

いやぁ、もぅ石田衣良、大好き!!!
そぅ言いきりたくなる一冊です。
なんども泣きました。
14歳の4人のティーンを描いた小説に
こんなにもやられちゃうとは正直思いませんでした。
だって青臭そうでしょ?(苦笑)
始めは、なんか妙にハナにつくなという文章が
並ぶのです。東京、銀座に近い土地に生まれ
その中を自由にマウンテンバイクで走るガキどもに
なんだ、こいつら、と思うことも。
でもだんだん彼らのこまっしゃくれ加減が
心地よくなってくる。
連続短編集の形なのですが
どの話にも、イラっとするヤツが登場するのに
毎回、毎回、ラストには石田衣良の優しさにやられている。

「都心のほうから隅田川をわたってくる熱風に
全身を吹かれる。あとはどこかの私立中学の制服を着た
美少女がとおりすぎるか、ジュンの切れのいい冗談でも
あれば、夏休みの午後はパーフェクトだった」
なんて文章だけで判断しちゃあいけません。
日本語の使い方の軽さを楽しみ、「性への興味」や
「ワカモノ文化」を象徴するような固有名詞を
そのまま楽しむ。「理解あるオトナ」をきどって
なめているとガツンとやられる深い優しさ。
何ものをも受け入れる。それがベース。

ウェルナー症候群で人よりも早く老いていくナオトへの
付き合い方にいやらしい逆差別はなく
異性に興味の持てないクラスメートのカズヤの
カミングアウトも受け入れ
拒食症と過食症を繰り返すルミナにまるで二人の子と
つきあっているみたいでプラスマイナス16キロの彼女が
好きだという。
空気の読めない芸能人志望のユズルはうざい空気を
垂れ流しながらもそのままユズルとして受け入れられ、
病院から逃亡した末期癌の老人ですら
一緒に時間を過ごすことで何かを共有する。
家庭内暴力の激しかった父を「殺した」ダイに
向ける優しさは果てしなく、そして彼らは
ちょっとだけオトナの世界を覗きに旅に出る。
そこには貧富の差はしっかりと存在し
成績の差だって当然存在する。

すべてが存在し、すべてを受け入れる。それでいいんだよ、と
まるで許されているような心地よさ。
だからこそ、彼らの青臭い世界でも純粋に涙が流れる。
あたしはこの本、好きです。

映画は見たいとは思わないけれどね。
[PR]
2006年 11月 30日 |
a0104226_048732.jpg
 恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな
毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。
だが、バイト先のバーにあらわれた会員制
ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ
とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。
やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ
欲望の不思議に魅せられていく…。
いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を
鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。
(「BOOK」データベースより)

すっかりお気に入り作家の石田衣良。
この作品の中で彼の描く主人公の森中領は
とても実在しないだろうなと思うくらい透明感を
持った少年。どんな相手を前にしても
彼はまず呑み込む。相手を否定しない。
固定観念や世間一般の下らない価値観で
相手を判断しない。淡々と受け止める。
これはもぅ素晴らしい。
こんな20歳いないでしょうね。
ただ、いくら母親を亡くしたことから
年上の女性に対して、他の子とは違った見方を
しているとはいえなぁ(苦笑)
でも年齢を重ねた女性から見たら彼はもぅ天使の
ような存在でしょうね。
そんな天使の見た女性の性の深さ。
性描写が多いので引いちゃう人もいるかも
しれないけれどそれでもこの読後感の爽やかさは
オススメ。ラストのリョウの決断。
なんかすごいイイはナシを読んだなぁと思った後に
あれ?ただの「変な人大集合」な話?と
ちょっと騙された感はあるものの
登場人物がみんな優しく癒される1冊。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon