:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
カテゴリ:ま行作家 その他( 9 )
|
2010年 11月 10日 |
内容紹介
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。
内容(「BOOK」データベースより)
愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。第29回小説推理新人賞受賞。


色々な本のレビューをネットで読むと読後感について
好みがかなりわかれる、読後感のよろしくない作品として
書かれてることが多く今まで保留になってた一冊ですが
病院での待ち時間内で読了。

エンターテイメント的な作品として非常に面白かったです。

愛娘を殺された女教師、殺した犯人、その家族の日記等
語り手が各章ごとに変わるのですが
その人たちがこれまた極端で、そのいかにもさが
またブラックユーモア的でもありとてもわかりやすい。
立場や視点を変えることで一つの事件が
こんなにも色々な意味を含んでいることを
表現したかったのでしょうが
ちょっと偏り過ぎな点は否めないかな。

どの登場人物もみんなエゴたっぷりで
自分の都合のよいように解釈し信じている。
でも現実でもそんなもんじゃないですか?という
多かれ少なかれな恐さと気持ち悪さ。
それをものすごい勢いで読ませる力はすごいです。

いじめやHIVに対しての扱い方に対しての倫理観とか
リアリティとか問うような作品でもないですし
答えのなさ、救いのなさに暗くなる必要性もないような。

そこに答えはないし、被害者の母としての女教師が
望んでいるものは復讐以外ないというブレのなさ
この本が描いているのはその一点のみ。
その時点で十分に歪んでいるのです。

ラストだけは絶対的に無理だけどそれまでの話
或いは殺人までの経緯や子供たちの心の流れは
実際にあってもおかしくないと思ってしまう恐さは
根底にあるんですよねぇ。。。
世の中、安易な自己中心的な事件が多いものね。
それ故にそれを感じてしまった人には読後感の
何とも言えない悪さがあるのかも。

それでも、何かを伝えたい、訴えたいのでも
問題を提起したいのでもなく
純粋にエンターテイメント性の高さだけを追求し
現代の膿みを扱うとこのような内容になり、また映像化することで
さらに娯楽性が高まるのでは、ということで
ぜひDVDでレンタルしたいもんです。
(今、公式サイトで予告編改めてみたら
やばーい(苦笑)泣きそうになったぞ!本と大違い(笑))

少しだけネタばれし追求して書くのならば
少年Bとその母親のくだり。
Bが家庭内に引きこもっている間、
長袖で腕を隠し玄関から顔だけを出す
母親の様子が出てきた時は、もっと陰湿な
Bの心の鬱屈感、苦しさ、それからくる母親への暴力
そのすべてをぶつけ受け止めている家庭内での様子を
想像してしまってぞっとしたのですが
本人たちから語られた内容はとっても薄く(笑)
なんだこの人たちはこの人たちの間で完結して
ある意味幸せな親子関係じゃんと
思うと同時にあの薄っぺらさがえらい気味悪かったです。
[PR]
2010年 05月 01日 |

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。(「BOOK」データベースより)

これはねぇ。。。好き嫌い別れるとしか言えませんね。

あたしは嫌いじゃないです。
もともと叙述トリック系は好きですし。
ちょっと気色悪い不思議なミステリーという感じでしょうか。

輪廻転生を無意識に奥深いところであたしは信じているので
違和感なくネタばれもすっと飲み込めたのですが。。。
ネタばれするとまったく最初から面白くなくなってしまうので
ネタばれについてはこちらのブログが詳しくてわかりやすいですよ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/book/himawari.html

ただなんにせよ悲しい物語です。痛々しい。
[PR]
2009年 07月 31日 |

このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった—。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。
(「BOOK」データベースより)

ホルモーにやられたので。。。「六景」も「鹿男」すっとばし
最新刊、ハードカバーで!
買ってよかった〜。面白いです。さらにパワーアップ。

女子になりたい中学生・大輔と彼を守ってきた幼馴染の茶子。
彼らが暮らす空堀商店街の様子と
個性的な3人の会計検査院が探り当てようとする
「税金の無駄遣い」
これがまったく違った方向から重なり合った時
壮大な「ありえない世界」へいつの間にか読者は
はまり込んでます。

太閤秀吉の時代から続く男と女の優しい騙し合い。
ちょっとこれにはじんっときたり。

京都を知っていると「夜は短し」や「ホルモー」が楽しめるように
この作品も大阪の地理とかわかるとより一層楽しめるんだろうな〜。

純粋に父子愛を描いた話としても泣けましたね、特に
副長の松平が大阪出身だけれども父の最期の言葉を
聞けずに別れてしまったことを知った時に見せる「大阪の男」の
表情とかね。そういうことだったのか、と。
アホな男達を知らんぷりして手のひらで転がすかのように
愛する女達の大きさもじっくり味わってください。
そーいう意味でも大輔が性同一性障害というキャラ設定はぴったりかも。
[PR]
2009年 07月 31日 |

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり。
(「BOOK」データベースより)

前々から気になってまして。
同じ京大を舞台にした「夜は短し歩けよ乙女」が自分的に
ヒットだったのに加え勢いで。
これが大正解。
面白いです。
まずしょっぱなから安倍晴明やら式神が出てくるので
いきなり入りやすいことったらありゃしない(笑)
(「陰陽師」好きにはおなじみだものね)
森作品に比べてこちらのがパワーというか疾走感もあり。

ホルモーって何?って思いますよね。
戦い?なに?とあらすじ読んでもちっともわかりませんよね。
それでいいんです。
だって主人公達だって入学していきなり誘われ
まったくわからないところから始めたのですから。
主人公と一緒に「ホルモー」の奥深さ、そしてその恐さ
面白さがわかっていくし
何より。。。。学生の頃ってバカ大好きですよね(苦笑)
くっだらないことに、とんでもなく情熱注いで、友達と
はしゃいでバカやるのが最高級に楽しい、そんな時代
ありますよね。まさしくそれです。

作者自身が作り上げたまったく架空の「ホルモー」なるものを
読者に理解させ、その世界に取り込んで行く腕はホンモノだと思います。
え〜わけわかんなーい、と言いながらでいいんです、初めは。
読み終わる頃には「ホルモォォォォー!!!」と叫ぶ姿に
笑いと涙を禁じ得ませんよ。
おすすめです!
[PR]
2009年 03月 24日 |
a0104226_1423722.jpg
私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。
(「BOOK」データベースより)

これは確かに好き嫌いがわかれるところかも。
でもあたしは好きだなぁ。
なんていうんだろう。
まるで漫画を読んでるかのようにアタマの中で
キャラクターたちが動き回る!
とくに、文化祭なんてもぅ!

あり得ないことが山のように押し寄せてくるけれど
すべて「あり」!
これこそ小説の醍醐味なのでは、と思ったほど。
これほど純粋な片思いをつっぱしっちゃう男子、
時代設定はいつ?!とまず思うのですが
そのうちどうでもよくなる(笑)

本を読んでいてリアリティを強く感じることで
その世界に入り込むことと
突拍子もなく現実離れしてるからこそ
入り込んでしまうことと
どちらも本を読む楽しさ。
あらためてそれを感じさせてもらいました。

語り手が「先輩」と「乙女」と変わることで
それぞれの視点でしか判り得ないところも
読者は見えることができ、それゆえに
話の世界にさらにどっぷり。

この人の独特の言葉遣いさえクリアしたら
あの不思議で楽しい世界へまっしぐら。
ただひとつだけどうしてもクリアできなかったのが
乙女の使う「オモチロイ」
んー、これは何度もひっかかってしまったなぁ。

京都をよくご存知の方にはそちらでもきっと楽しめるはず。
読んでてすっごい京都行きたくなったもの。
まぁそれ以上にこれくらいお酒が強かったらおもしろいなぁ、と(笑)

どうでもヨイことですがあたしは文庫本の表紙より
単行本の表紙のが好きです。
[PR]
2009年 03月 18日 |
a0104226_2011918.jpg
結納のため札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた…。
明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。
(「BOOK」データベースより)

いやぁあたしキリスト教徒じゃないし?
なんて、冷静になんて読んでられないくらい号泣。
泣けた〜。
涙が止まらなかった。

なんて美しく悲しく尊い物語なんだろうと思ったら
実際にそういった行動をとった人がいたんですね。
あとがき読んでびっくりです。
もちろん、その生い立ちやそこに至る思考等は
作者の物語ではありますが
周囲の人たちの彼を評する言葉からみると
本当に立派な方だったようです。

でもなぁ。。。あたしは自分の息子が本当に
こんな死を迎えたら、彼の母親のように受け止められるのかなぁ。
やっぱりあたしにはそーいう信仰心はナイらしい。
親より先に逝ってはいけません。
なんて思いながらも、感動的な作品。

ただ連載されたのはキリスト教徒向けの冊子で
キリスト教徒がキリスト教徒の為に書かれた物語であるだけに
聖書の中の言葉や、作者の宗教観があちこちに散見されるため
違和感を覚える人も中にはいるかもしれませんが
若いうちに一度は読んでおいて損はない一冊。
どう感じるか、それが肯定であろうが否定であろうが
考えるに値するテーマかと。
[PR]
2008年 09月 17日 |
a0104226_21472368.jpg
同級生の謎めいた言葉に翻弄され、担任教師の不可解な態度に
胸を痛める翠は、憂いを抱いて清海の森を訪れる。
さわやかな風が渡るここには、心の機微を自然のままに見て取る森の護り人が住んでいる。
一連の話を材料にその人が丁寧に織りあげた物語を聞いていると、頭上の黒雲にくっきり切れ目が入ったように感じられた。その向こうには、哀しくなるほど美しい青空が覗いていた…。
(「BOOK」データベースより)

いやぁ。。。いいです。これ。びっくり。
大穴。だって表紙がこれですもん。
いきなりおおたか慶文の透明水彩の少女。
こりゃ好みの別れるところでしょう(苦笑)

表紙の透明感をそのまま反映しているような
少女の無垢さ、若さが文面に溢れていて
その主人公目線での一人称なので
それが苦手な人には受け付けられないかもしれないなぁ。
いまどきこんな女子高生、とつい言いたくなるかもしれない。
大昔の少女漫画か?ってな感性。

またミステリといっても人間関係の中で
生まれる感情の行き違いとか日常ミステリに
近いものなのですが、その日常ミステリとして
例えば、北村薫のような秀でたものがあるでもなく
妙に青春小説の青くささが漂っていたり。。。
どこまでも予定調和すぎを感じてしまったり。。。

だいたい個人的に集団行動臭が苦手なので
作中にでてくる活動(一般の人たちが参加して
泊まりで初対面の人たちとどーの、とか〜)からして
うざっ!と感じるタイプだし〜。。。
ガーデニングレベルすら苦手な土いじり
ダメダメだし〜。。。

なのに!
思いっきりツボった!
探偵役でもある深森護(主人公の名前は
若杉翠だし。こーいうところもすべて「(苦笑)」な感じでしょ)
彼がもぅツボです。
なんでしょ、どこか文系腐女子の心にきゅっとくるキャラで。
あの「丁寧」な言葉遣いもたまらんっ。

そして何より
自然と対話をしたい、向き合いたいとすら思わせる
この魅力溢れる根源はなんなんでしょう。
(実際、あたしがそのテのキャンプや自然愛護団体の
イベントに参加することはまずナイと思いますが
瞬間、感化されてる自分がいました)

本の帯にあるように「どこまでもピュア」に偽りはありません。
これを心地よく思えるかどうか
まるで試されているような一冊。

「森のいのちは今の自分を一生懸命生きてるからやないですか。
自分らしく一生懸命生きてる姿って、何であれ美しいんと違うかなぁ」
「人間はそうはいかないよな。
人間が好き勝手生きたら、完璧どころか泥棒やら人殺しやらえらいことだ」
「それは少し違うんじゃないかな。
自分らしく生きる方法が見つからないから、
人は盗んだり殺したり、自分を傷つけたりするんでしょう」

あ。こちら連作短編集で3つのお話からなっています。
うん、これは連作短編が一番スタイルとして合っているなぁ。
[PR]
2007年 11月 02日 |
a0104226_8574530.jpg
遺書さえものこさずに自殺してしまった姉が
いたずらに鉛筆で紙に書き散らしていた“クライン・キャット”と
いう謎めいた文字。この奇妙な言葉だけを頼りに
生前には知りえなかった姉の素顔をさぐろうとした妹を待ちうける、不可解な恐怖の正体とは?日常生活にぽっかりとひらいた陥穽を
描いた表題作「たまご猫」をはじめとして、夢とうつつの狭間に
生じる不条理を題材とした、妖しくも美しい、10篇の恐怖のかたち。
(「BOOK」データベースより)

まったく初めて手にする作家さん。おまけにハヤカワ文庫(苦笑)
図書館でタイトルだけで手に取り読んでみました。
経歴のところをみると「ミステリ、幻想小説、時代小説を主に」と
あったので、それならまぁよいか、と読み始めたら
これが、もぅ全然。
ミステリなんかじゃないです。ミステリと思って読むと
えええええ?という展開、ラストばかり。
これはれっきとしたホラー小説。
静かに背筋がぞわっとくる良質の幻想的なホラー小説。
著者は「幽霊小説」と読んでるそうです、あぁ、そうかも。
日常に一緒に存在する生身の人間と魂を持たない人間。
でもそれはまったく同等に扱われ登場する。
生身の人間を怖がらせたり、驚かせる存在ではなく。
カルト的な匂いを漂わせる嘆美さの中で。


『たまご猫』
商品開発の仕事をしていた姉が自殺した。
姉の自殺原因を知るべく、義兄と暮らした家に出向く。
まったく姉の死に動揺の色を見せない義兄に
不信を頂きつつ姉の部屋でみつけた卵形の透明な球体。

 『をぐり』
葉子がかつて一度だけ関係を持った相手、弓削は
弟の妻の実兄。 弟は自殺していた。
2人の思い出話から語られる「小栗判官」。
弓削がかつて話した浄瑠璃の話。

 『厨子王』
姉と弟の物語。「安寿と厨子王」になぞられた歪んだ弟への愛情。
姉は弟の運転するバイクの後ろに乗っていた。
道路の陥没に気づいた姉。そして。。。

 『春の滅び』
ひな祭りの翌日、毎年一泊二日の旅行に出る叔母の為に
おさんどんをひきうけて7年。しかし8年目に彼女は突然失踪。
しかし姪にはすべてを伝えていた。巨大な雛人形との生々しい白昼夢。

 『朱(あけ)の檻』
座敷牢という言葉に惹かれて引き受けた苦手な旅行エッセイの仕事。
実際に見るとそこは朱色の漆で塗りつくされた異様な光景だった。
無理を言って座敷牢のある部屋に泊めてもらう。

 『おもいで・ララバイ』
激しい既視感に教われた新婚旅行先。愛のないまま結婚した夫。
わたしの腕にある入れ墨は4歳のときに誘拐されたときつけられたもの。
誘拐犯の家にいたとき、その家の息子が自分とあたしの腕につけた
まっすぐな線。それは結婚の約束だった。
そして、そのペンションのオーナーの腕にあったまっすぐな線。

 『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』
ジャズ・バンドのメンバーが解散パーティーを開いている。
昔を思い起こし、よく時代を懐かしむ。だが、彼らはすでに。。。
終わりのな時間。

 『雪物語』
バーのマスターである卓郎と客の亜由子。
しかし亜由子はすでにこの世のものではない。
残した我が子。
「わたしの子鹿はどうしてますか?」
はすっぱなあっけらかんとした亜由が見せる母親としての思い。

 『水の館』
アイドルグループとして売りだそうとしていた少年が
ひとり、姉に会いに行くといって、故郷の水族館に帰ったという。
追いかけるマネージャー。時間が交差する不思議な感覚。

 『骨董屋』
待ち合わせまで時間をつぶすため入った骨董屋。
麻子に懐かしげに「あこちゃん」と話しかける女主人エツ子。
小さい頃、彼女が遊びたがったという数々の品を見せてくれるが
麻子には記憶がない。そして見せられた笛は骨でできてるという。
「あこちゃん」が、母が大事にしていた黒いドレスを破って
しまったために殺した、あなたの骨、だと。


「雪物語」好きだなぁ。シリーズでこれだけ読みたいくらい。
[PR]
2006年 09月 30日 |
a0104226_2243231.jpg
 さて、コミックスです。ヤングサンデーコミックス。
今冬には3巻発売予定。
重いですよ、「死んだつもりで生きてみろ」な
「魂揺さぶる窮極極限ドラマ」です(笑)

「国家繁栄維持法」と言う名の法律が存在する国。
多くの人間を生かし、国を繁栄させるために
選ばれた若者をあの世に逝かす紙、イキガミを
配達する主人公。
届けられた死亡予告証を前に残された24時間
どう生きるか、を描いた連作集。

小学校入学と同時に1000人に一人の割合で
確実に18歳〜24歳の間に特殊なナノカプセルが
破裂し死に至る注射を接種することを義務とした法律
「国繁法」に背く思想を持つ者は
「退廃思想者」として逮捕され
長期拘留、再教育、改善されぬ場合は
ナノカプセルを注入される。

んー、こわいね〜(苦笑)

24時間しか命がないなら好き放題犯罪やっちゃえという
考えも浮かぶでしょ?それに対しても当局は(笑)しっかり
押さえてます。遺族への「国繁遺族年金」受給停止
被害者への賠償金、退廃思想者の遺族としての社会的制裁
まぁ村八分状態。
そのベースの上、様々な24時間を描いた話です。

まぁ絶対にあり得ない法律でありながら妙に
その登場人物達が「イマドキ」で読み応えありますよ。
2巻目の「出征前夜」なんて涙が止まらなかったよ。
機会があったらどうぞ。(でもいじめの話はイタイよぅ)
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon