:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
カテゴリ: :望月諒子( 1 )
|
2005年 02月 16日 |
a0104226_9164236.jpg
 んー、スゴイ。
文章のテンポがいい。すごく読みやすい。また読み進めていくうちに
ぐいぐいとひっぱっていくチカラは新人とは思えないほど。
視点の向かせ方がまるで映画を見ているかのように
すっと絵が脳裏に浮かぶの。一つのシーンから別のシーンへ。
まったく違う舞台へ、すっと目を向けさせる、それも自然に。
まったく関係のない舞台のようでいて実は繋がっているその世界へ。
始めにプロローグとして殺人が起こり、次への殺人への
流れも読者にはわかるようになっている作り方は
ヒッチコックの映画みたい。ここから「始まるぞ」という
期待感が膨らんでいく。殺されていく課程はかなりグロ。
それだけでもあたしはかなりおもしろかったけど(笑)
推理としての話の閉じ方は結構無理があるけれど
それは作者も承知の上だからこそあんな終わり方なんだろうな〜。
脳内サプリすっきり!な終わり方ではないけれど
十分読後感の余韻も楽しめる作品。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon