:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2004年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
2004年 12月 26日 |
a0104226_03961.jpg
 せつない〜。めっさせつない。こんなにカワイイ設定が
 たくさんされているのに。こんなにもたくさんの不条理。 
 ボーイ・ミーツ・ガールの先に待っていたものは
 肺の中に睡蓮が咲いてしまう病気にとりつかれたクロエ。
 それまで裕福で働いたことなどなかったコランは彼女の
 病気を治すため=たくさんの花を買うために働き始める。
 コレクターなシックは自分の所有欲を満たすために
 もともと同じ対象を愛していたアリーズの寂しさに気付かない。
 愛してるから、愛してるのに
 どうしてこんなにも悲しいことばかりに満ちてるのかな。
 彼らはみな間違ってもあたしのようなせつなフェチではなく
 どちらかと言えばシナモン・シュガーのバラ色の雲に包まれ
 ちゃうくらい脳天気なパリの若者達。なのに降りかかってくるものは
 すべて自分たちではどうしようもないことばかり。
 (シックの病的なマニアックな収集癖すら「仕方ない」と
 思わせてしまう)
 愛してるから花を買い、愛してるから人をも「心臓抜き」で
 殺してしまう。部屋が暗く小さくなっていく描写は絶妙。
 料理人で召使いのニコラ、いいなぁ。
 あ、この小説を漫画化させたオカザキ作品は
 絶対に本を読んだあとに読むことをオススメ。
 でないと、絵で世界が固まってしまうよ。空想の世界で遊べない
[PR]
2004年 12月 26日 |
a0104226_0321233.jpg 
 ありえない世界、何もかも西瓜糖でできた世界に住む人たち。
 共産的な世界。言葉を話す虎、その虎に両親を食べられた
 名前を持たない主人公。みんな穏やかで静かに日々が
 過ぎていく中、そのコミューンからはずれた場所、
 「忘れられた世界」のすぐそばに住むインボイル達。
 そして彼らが運んでくる暴力と狂気と流血。そんなものにすら
 嫌悪感を抱きながらも淡々と処理を済ませる人たち。
 「忘れられた世界」ってあたしたちの「今の世界」なのかな。
 あ、でもこれが書かれたのって60年代。その頃のことかな。
 「忘れられた世界」に憧れを持ち色々と持ち帰ってくる「私」の
 恋人だったマーガレット。マーガレットの興味の大きさ
 人なつっこさ、奔放さ、そしてそのすべてに理解ができない「私」 
 向かうところは「理解」のできる相手、ポーリーン。
 なんかそれってせつないなぁ。
 文体がとても好き。意味とか持たず探さずその文体、世界に
 浸るのが一番気持ちのよい読み方。
 曜日ごとに色が変わる太陽に照らされているかの如く。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon