:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
2005年 07月 26日 |
a0104226_11245690.jpg
 財閥会長の運転手が自転車に轢き逃げされた。
その社内広報室で働く元編集者、杉村は
愛する妻菜穂子の父でもある会長から
遺された娘二人が「父のことを書いた本を出すことで
犯人に訴えたい」という依頼をまわされる。
が、乗り気の妹に対して姉は出版に反対している。
姉は父の「暗い過去」を妹に知らせたくないと
杉村にうち明ける。
運転手、梶田の人生を遡っていくとそこに
隠された真実とは。。。
宮部作品にしては淡々とした印象。
驚くような仕掛けはないけれど
登場する人物がみなこの本の中とは違う場所で
それぞれの人生をしっかり生きているような
そんな錯覚を起こすほど個性的。
謎解きとして読むよりもこの世界に
すべて思考をゆだねて流れに沿って追っていくのが
とても心地よい一冊。
後味はいいとは言い難いけれど
そんな人もいるよね、世の中
と、今ある自分の幸せを改めて噛みしめる杉村が救い。
[PR]
2005年 07月 26日 |
a0104226_1182060.jpg
 ある菓子問屋に代々伝わる謎の箱の謎を
巡ってその様々な人の思いを描いた「堪忍箱」を
表題とした時代物短編集。
他、やめてしまった乳母に会いたいばかりに
周りの大人に自分をかどわかしお金を
とってくれと頼む子供とその子供に
振り回される大人を描いた「かどわかし」
ひょんなことから自分の命が狙われ
同じ長屋に住む浪人に用心棒を頼む「敵持ち」
奉公にあがった先で代々伝わる怨念が
引き起こした顛末を語る「十六夜髑髏」
実の親と離れ育ての親との間に暮らす子供達と
その親それぞれの秘密が描かれた「お墓の下まで」
突然死んだ差配を軸に差配の生きていた頃の
様々な顔が周りの人から話される「謀りごと」
姉妹同然に育ったお吉とお美代なのに
片方だけが玉の輿にのったことで二人の間の
何かが崩れたそんな矢先の出来事と二人の
思いが描かれた「てんびんばかり」
家族を助ける為に奉公にでたまだ幼い娘が
出会った浪人と母の思い出「砂村新田」

前に読んだ藤沢の時代物短編集は
一作一作読み終えるごとに
様々な意味を持ったため息と共に
その余韻が大きすぎてなかなか次に行けなかったのに
対してこの宮部の短編集は描かれる世界に
どんどんはまりたくて次へ次へと
読み進めたくなる、同じ時代物の短編集でも
まったくここまで趣が違うとおもいしろいです。
[PR]
2005年 07月 20日 |
a0104226_1124548.jpg
 2005年本屋大賞ノミネート作品ということで
「本屋さんが売りたい本」です。
さすが「本好き」な方々が薦めるだけあって
読み応えある素晴らしい作品。
広告営業マンとして働く佐伯は最近、頓に物忘れが
激しい。単語が思い出せない。外国人俳優のあの
有名な名前、映画のタイトルが思い出せない。
それどころか部下の名前も忘れる、そして
仕事の打ち合わせを忘れる。
自分自身にショックを受けて「鬱病か?」と
不安を抱き精神科をたずねると
診断された病名は「若年性アルツハイマー」だった。
まだ50歳、仕事もまだ責任ある地位にあり
妻もいる、娘のお腹には新しい命が宿り
式を目前にしている。
まだまだ自分の人生は捨てられない。
なのに身体がどんどんと自分を裏切っていく。
メモでいっぱになった背広のポケット。
それでも追いつかないほど記憶が消えていく。

自分が壊れていくのを自分でわかってしまうという恐怖。
病気の進行は個人差。まったく先が見えない状態で
確実にやってくるその時。

下手なミステリーよりもずっと恐く
そこらの恋愛小説よりもずっと愛を感じます。
小説だからこそ「きれい」に仕上げているものの
逆にその美しさがとてつもなくせつないです。
最後の一頁はきっと涙。
[PR]
2005年 07月 20日 |
a0104226_1101963.jpg
 旗本の三男坊、紀藤慎之介は婿入りの婚礼の日
花嫁を奪われ相手の男を斬ってしまう。
その家の一人娘だった花嫁も首を吊って自害した為
お家は断絶、その恨みは慎之介に。
刺客に狙われ逃げるよう言われたところは
「あやめ横町」
そんな慎之介を世話してくれたのが十手持ちの権蔵と
その妻おたつと娘の伊呂波(いろは)。
そして段々と「あやめ横町」の人たちの違和感の
謎を知り「あやめ横町」と呼ばれる由来を知っていく。

「あめふりのにわっとり」「ほめきざかり」
「ぼっとり新造」「あさがら婆」「雷の病」など
それぞれの章の名前は町人たちの使い慣れた言葉。
慎之介はこれらの言葉の意味を知ることで
徐々にあやめ横町での暮らしに慣れ
あやめ横町の人々にも馴染んでいく。
そしていいとこの世間知らずのお坊ちゃんだった
慎之介が庶民の「理由」や「事情」を知っていくことで
大人になっていく様子が宇江佐独特の優しい目線で
描かれています。
[PR]
2005年 07月 20日 |
a0104226_10574254.jpg
 「恋愛」をテーマに9人の作家の描く
時代小説短編集。
作家陣は石川英輔、宇江佐真理、薄井ゆうじ、押川國秋、
加門七海、島村洋子、藤水名子、藤川桂介、山崎洋子。
もちろん宇江佐真理目当てで。
宇江佐作品は「掘留の家」
掘留にある鎮五郎の家には岡っ引きの鎮五郎が
親に捨てられ身よりのない子供や
事情があって親が育てられない子供達が集まり
育てられていたが、そこで一緒に兄と妹のように
育った二人。妹にしか思えない「おかな」に
思われてもどうしても恋愛感情は持てない。
二人の感情のすれ違い、その事の顛末がとてもせつない。
やっぱり宇江佐真理はいいなぁと
しみじみできる作品。

他にも石川作品の「夢筆耕」は
筆耕の仕事をしていた八兵衛の「夢」の話や
大奥の女性同士の争いと思いを描いた島村作品の「猫姫」
山崎作品の目の見えない藤七が使えた「お方様」との
淡い思いの「柘榴の人」や
悪い夢は引き取りましょう、と祭神の霊威ある枕を売る
藤川作品の「たまくらを売る女」
などなどなかなかおもしろく読めた話ばかり。。。
でしたが
一つだけどうしても我慢できなかった作品が。
藤作品の「リメンバー」
これだけはダメでした。
作中に「三人はコメントをさけ」とか
「彼はヒステリックに」とか。。。
タイトルからして「リメンバー」なのでもしかしたら
狙ってるのかもしれませんが。
あたしは「時代小説」として読んでいるものの中に
外来語は見たくないです。話の内容以前。。。話も陳腐。
興ざめ。この人の小説だけはもぅ読みたくないとまで
思ったほど。他がおもしろかっただけに残念。
[PR]
2005年 07月 14日 |
a0104226_10551447.jpg
 コミックスです。本を読むのも大好きですが漫画も好き♪
で、これ。すんごいいいです。
全体的に淡々としたリズムの中、ある一つの街を舞台に
強気ないじめられっこの小学生、先なんてどうでもいい
女子高生やアル中寸前のOL、何一つやりきれてなんか
いないくせに夢ばかりみてるサラリーマン、
やる気のないフリーター、仕事に振り回され虚無感を感じる編集者、
などなど主人公は一話ごと変わっていきますが
そのすべてが実は繋がってるの。前作の脇役が主人公だったり
主人公だったキャラが別の話でさらっと出てきたり。
そう、これは最近、あたしが小説でもよくはまっているパターンの
連作短編集。

つまんないつまんないつまんない、どーせなんでもいいよ
生きていたってこんなもんでしょ。なんの為に生きている?
くそったれ、と怒るのもかったるい、でも自分がもぅ終わってるなんて
気付きたくないんだ。いい加減でいさせてくれ。
でもいやなんだ。このままじゃ。
そう、ちょっと見方を変えれば
どう捉えるか、それ次第で世界はいくらでも「素晴らしい世界」に
変わるかもしれない。

そう底辺でつぶやきながらも結局はすっごい「何か」を
この作品はストレートには与えてくれません。すべては自分次第。
やりきれないな、とせつなく感じるのも
でもいいじゃん、と振り切るのも。

読んでいて、一瞬、音のない時間へ飛べる秀作。
作品と作品の間のページもじっくり見るとオモシロイ。
(でもおやじ狩りやホームレス狩りにはどうしても馴染めない〜)
[PR]
2005年 07月 10日 |
a0104226_10522143.jpg
 おもしろいっ!文句なく「楽しめる」時代小説。
江戸時代の下級武士達の日々つつましやかな生活。
そこへ起こる晴天の霹靂。
彼らはそれぞれに「秘剣」を持ち、また
それを必要とする時がくる。
”隠し剣”シリーズ第二弾。
第一弾の「隠し剣 鬼の爪」はまだ読んでませんが
短編集なので大丈夫♪
くすり、と笑ってしまうものから
やるせないせつなさもあり
また心が柔らかくなるようなじわ〜んもあり
やっぱり藤沢作品はいいなぁと改めて思う1冊。
今、さっと読み返しても涙。
本当にこの作者の愛情って深い。
以下またネタバレも含まれるので未読の方
これから読もうとされてる方はさくっと飛ばしてね。

「酒乱剣石割り」
弓削甚六は道場内では2位な立場でも絶対絶命な試合では
1位を上回ると評価されるほどの男、秘剣の石割りを
伝授するならば彼においてない、と言われながらも
彼の評価を下げているものは「飲んだくれ」
それでもなお、彼に白羽の矢が当たり刺客を命ぜられる。
そんな折り妹の喜乃が数人の男に慰み者に。
その首謀者が甚六が刺すべき相手だった。

「汚名剣双燕」
八田康之助は過去に城中で私闘に走ったものは
即座に斬ることが作法とされる中
親友の伝八郎がその行為に及んだときに
斬らずに横に逃げた。それまで道場内では
評価が高かった康之助だけに周りは康之助を
侮っていた。康之助が本当にその行動に
及んだわけは、伝八郎の妻、由利の為なのか?

「女難剣雷切り」
佐治惣六はとことん女運の悪い男だ。
最初の妻とは死別し、その後二人の妻には逃げられ
挙げ句の果てに奉公に来た女中がみな1年ともたない。
そのすべてを事実とは曲げられ「好き者」と
噂される始末。それでもあからさまにさげすんだり
嘲られなかったのは惣六が江戸で会得した剣で見せた
10年ほど前の働きがあったからだ。そしてその秘剣を
また見せたのは新しい妻嘉乃と、嘉乃を愛人として
囲い嘉乃を惣助に世話した服部九郎平に対してだった。

「陽狂剣かげろう」
乙江の父であり剣の師である十左エ門が告げたことは
半之丞と乙江の祝言が駄目になったことだった。
乙江は若殿のそばへ召し使えることになったからだ。
断った所で藩士である半之丞には若殿を袖にした女を
妻にはできない。交換条件のように差し出されたのは
秘剣への伝授だった。断念するしかない彼は
気でも触れた振りでもしなければやりきれない。
しかし裏で家中の娘でもない乙江を若殿に
吹き込んだ者がいる。狂人の振りをしながら探り
突き止めた相手。半之丞は秘剣かげろうで
その恨みを果たしたが、しかし乙江は江戸藩邸の奥で
17歳の命を閉じた。
狂気は振りではなく次第に半之丞に忍び寄った。

「偏屈剣蟇ノ舌」
偏屈者として有名な馬飼庄蔵の秘剣は
座ったまま、人を斬るという師匠ですら
伝授を受けておらず自らで習得したものだった。
妻を選べば美しい姉より醜女の妹を選び
人から指示を受ければそれを反故するような馬飼に
政治の上で相手派閥の要人の暗殺の話が持ち込まれる。
もちろん「やるな」と言われた上で相手の
剣のすごさを教えられたのだった。
やるなと言われたのは当然、偏屈者の自分を
誘う文句だとわかっていながら矢張り相手の
腕は気になる。事に及んだ庄蔵にお上から切腹を
申し渡されたとき、彼はその使いに秘剣を向ける。
逃げる前に庄蔵は、妻に、「偏屈な心でお前を選んだ
わけではない」ことを一言だけ伝える。
最後に庄蔵が妻に投げた心の内、偏屈と言われた男の
素直な思い。

「好色剣流水」
三谷助十郎は家中きっての好色な人物と見られていた。
そうではない、誤解だと思いながらも
人の妻を思い後をつけたり、傘を貸す機会をさぐったり
する己にまるで犬のようだと思う。そして一度だけ
彼女を川岸で抱きしめたことが人の目に。
当然噂は行き着くところまで流れ助十郎のもとに
夫である服部が。秘剣を持って望むが助十郎は
斬る剣先をわずかに逸らした。
あれでよい。生かして帰すべきだ、と遠くなる意識の中
満足する。

「暗黒剣千鳥」
三崎修助は3年前に5人の剣士の一人として
次席家老の牧治部左エ門の指示のもと、異例の立身を
遂げた明石嘉門を闇に葬った。そして今、その5人の
剣士達が次々と謎の死を。腕の立つ彼らがただ一太刀で
闇討ちにあったのだ。修助が探っていくとその剣筋は
千鳥と呼ばれる秘剣だった。そしてその秘剣を伝授したのは
今は病床で動くのもままならないはずの家老の牧だった。
修助達が斬った明石は本当に斬るに値する人物だったのか、
牧の秘剣を破り打ち果てた牧の亡骸を運ぶ重さを感じながら
残された修助は一人さらに重い荷を背負い込む。
自分との祝言を待ってくれると言った女は果たして
この重い荷をわかちあってくれるのかと思いながら。

「孤立剣残月」
小鹿七兵衛は上意討ちの命を受けて鵜飼左平太を
討ち取ったのはもぅ15年も前のことだ。
なのにその弟は小鹿を逆恨みし、果たし合いを
申し込むと聞かされる。一刀流の名手となった弟の
半十郎に今はもぅ年も取り身体のなまった七兵衛は
太刀打ちもできまいと、親戚、上司の間を
藩の上に取りなしてくれるよう頼み回ったが
15年前の上意討ち後、持ち上げられ
酒に溺れ夫婦仲もこじれた七兵衛を
誰一人相手にはしてくれなかった。
一緒に討ち取った仲間もすでに老い、また
娘を嫁に出す手配をしていたり、新しい若い嫁を
もらったりそれぞれに暮らしていた。
妻の高江は話を聞いて実家に戻ってしまった。
もぅ一人で向かうしかないと果たし合いの場に
向かう七兵衛。
秘剣残月を打ち込むには相手は隙がなかった。
そこへ襷、鉢巻き、懐剣を持った妻、高江が
走ってきた。


「盲目剣谺返し」
三村新之丞は盲目となってから一年半が経つ。
見えない日々の不自由を妻の加世は健気に
世話してくれていたが、妻への違和感を感じるように
なった。そこへ妻が外で男と会っていると
聞かされる。疑惑でいっぱいになった新之丞。
妻は新之丞の家禄を守る為、身体を新之丞の
上司である男に任せていたのだった。
「愚かな女だ」と新之丞は妻を追い出す。
「わずか30石の家、妻を盗み取られることで
保った家など捨てた方がましだ」と。
しかし実際は、藩主の毒味役として病いに倒れ
結果、視力を失った新之丞に藩の見方は好意的であり
その必要はまったくなかったのだ。
盲目の身でありながらひたすら木刀を振り
ついにはその空気だけで虫をも落とす新之丞は
その上司であった島村を河岸へと呼び出す。
女手のない家に、新之丞が産まれる前から
奉公している徳平がちよという女中を連れてきた。
「ちよ」の作る食事を終え、新之丞は一人床で
苦笑いをした。汁の味、おかずの味付け、
飯の炊き上がりぐあいすべてが自分の舌に
馴染んだものだったからだ。
「去年の蕨もうまかった。食い物はやはり
そなたのつくるものに限る」
台所の戸が閉まる音が聞こえ加世の
ふりしぼるような鳴き声が聞こえた。

。。。って「短編」をここまでネタバレして
どうする!って感じですね、自分。
書きながらまた泣いてました(苦笑)
[PR]
2005年 07月 05日 |
a0104226_10494690.jpg
 さてまた時代小説、短編集なのですが。。。
これは短編集と侮れません。
一つ一つがとても深い。深くて一編を
読み終わった後、すぐに次の世界へ行けないほどです。

「恐喝」
博打打ちの竹二朗はたまたま倒れてきた履物屋の
薄板が足に当たったことをネタに治療費を強請り取る。
ところが思いの外、怪我がひどく踞っているところを
一人の娘に助けられる。その娘は履物屋のおそのだった。

「入墨」
姉妹二人で切り盛りする一杯飯屋。屋台の煮売りから
やっとここまでやってきたときに現れたのは
まだ12歳だった姉のお島を売り、そのお金で
女と逃げた父親、卯助。そして時を同じくして
お島が岡場所を抜けるときに頼った乙次郎が
脅しをかけてきた。

「潮田伝五郎置文」
ある武士がもぅ一人の武士に果たし合いを申し込み
殺した後、自害した。その男の惚れた女に寄せる思いと
その裏に隠された事実。

「穴熊」
岡場所に出入りする博打打ちの浅次郎は
昔、思いを寄せた女がいた。その女、お弓に似た女、
佐江を隠れ淫売をする赤六の店で買う。浪人、塚本の
妻女である佐江が身体を売る理由を知った浅次郎は
塚本のために金儲けの話を持ちかける。

「冤罪」
散歩のたびに見かけていた娘に淡い恋心を抱いていた
源二郎は、兄家族に厄介になりながら
婿入り先を探す身分。ここに婿に入れたらと思いを
馳せる矢先、その娘の父親が、藩金横領、城中で
切腹、お家断絶となる。娘の身を案じ、行方を追ううち
源二郎には事件の真相を見つける。

「暁のひかり」
壺振りの市蔵は明け方、家路に着く途中
闘病のため身体が弱り、歩く練習をする幼い娘と出会う。
娘と過ごす一時に、市蔵は、壺振り師である自分を忘れ
昔、飛び出した鏡師の仕事をしていた頃の気持ちに戻る。
でもそれは幻にしか過ぎなかった。

「遠方より来る」
足軽としてつましい生活を送る甚平のもと
慶長の大坂攻めのときに少しだけ関わりを持った
今は浪人に身を落とした平九郎が尋ねてきた。
そこに大胆不敵にも居座り、妻に睨まれ嫌味を
言われながらも人のいい甚平は面倒をみる。

「雪明かり」
12歳で35石の古谷家から280石の芳賀家へと
養子に出された菊四郎。条件は実家との付き合いを
持たないこと。雪の降るある日、大人になった
菊四郎は血の繋がらない古谷家の継母の連れ子由乃と
再会する。由乃も菊四郎もそれぞれに結婚が決まっていた。

博打打ちなどの世間一般では、ならず者だったり
子を売るような人でなしの親や人からは甘く見られるような
下級武士だったりとヒーローじみた主人公なんかではなく
とても人間くさい主人公を通して
人の持つ優しさ、愛しさ、悲しさを扱いつつ
じんわりと温かさを感じる作品。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon