:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
2006年 04月 30日 |
a0104226_22592277.jpg
 遅ればせながら読んでみました。いいねぇ、陰陽師。
一時期、ブームになってましたがその時は
全然、眼中にありませんでした。むしろ避けてたくらい。
なので、友達に面白いと勧められたときも
なかなか手がでませんでしたが。。。
妙な偏見もあったし、なんせ舞台が平安時代。
苦手だったんですよ。
江戸時代ものも苦手だったのに実際に
読んでみたらあんなにもはまってしまったので
食わず嫌いはいかんな、と。
ええ。ほんといけませんよ、食わず嫌いは。
もったいない。
だってももぅこれもホント面白いんですよ。

もぅとても心地よい。
陰陽師である安倍晴明のもとに源博雅より
もちかけられる色々な「事件(あえて)」をゆるゆると
呪(しゅ)を用いて「解決(これまたあえて)」していくのですが
暗闇の中に鬼の住む時代、おどろおどろしくもあり
哀しくもあり、でもその奥にあるゆったりとした
穏やかな静けさ。

そしてこの作者夢枕獏の描く風景描写も美しい。
語り部として素晴らしい部類でしょう。

詠みの会で負けたことを悔いて死んでしまった男の霊の
存在を「元気かい?」と話題にするあたり
かなり趣あると思うなぁ。
それに毎回のように出てくる縁側のシーン。
晴明と博雅が二人で酌を酌み交わすのですが
つまみのひとつひとつもんまそうです(笑)

1話1話の短編連作、読み終わるのがもったいないという
感覚を味わいました。
まだあと2冊、手元にあるのでこれまた楽しみです。

以下簡単な覚え書き(ネタバレです。読んでない人は避けて下さい)
玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること
 盗まれた帝の琵琶「玄象」の音を辿ると
 玄象の作者の天竺の鬼が。優しい言葉という呪。
梔子(くちなし)の女(ひと)
 僧のもとに毎晩出てくる口のない女の霊。
 女の霊が伝えたかったのは
 一冊の般若心経の文字のひとつだった。
黒川主
 鵜飼いの孫に取り憑いた「黒川主」と名乗る妖物。
 孫は妖物の子を宿し日増しに腹が膨らんでいく。
 獺(かわうそ)と人の間の
 因果に同じ呪をかけたがための結果。
蟇(ひき)
 雨漏りを直すために応天門の板をはがすと1枚の札が。
 真言の札が押さえていた災いのもとを調べるために幽冥界へ。
 その昔、蟇(ひきがえる)を殺した為に蟇の呪を受け
 死んだ息子とその親の祟り。
鬼のみちゆき
 帝が昔一度だけ交わした娘の一途な想い。辻は魔性の通り道。
 辻に現れる牛のいない牛車。鏡魔法を操る鬼となり
 7日かけて向かう先は。
白比丘尼(しらびくに)
 300年前に千年の年を経た狐にもらった
 人魚の肉を食べた白比丘尼。年をとらなくなったが
 身体には年を取った分と男の精が溜まり鬼となる。
[PR]
2006年 04月 25日 |
a0104226_22565314.jpg
 これは面白い!いやぁ、ぼろぼろ泣きましたね。
映画化された「嫌われ松子の一生」の作者、山田宗樹の
医療ミステリー。

未知の伝染病、感染したら死亡率100%
それまで元気だった人が微熱を感じるうち
いきなり咳き込むとともに口から
黒い胞子がごぼっと吐き出され
30分後には死に至る。。。

しかしまだ死亡例が少ないというだけでなかなか
動かない厚生省。自らの義務と責任感のもと、動きたくても
身動きの取れない伝染病センター、真菌研究室の職員
実際にその死体を解剖した監察医の3人。
それぞれの職務の上で、それぞれにどこかで
このままでは恐ろしいことが起きるのではないかと
思いながら過ごすうちに。。。

口から黒い粉を撒き散らしながら苦しみ絶命していく人たち。
とてもコワイ話。3人の主人公達が
我が身の日常という幸福が話の序盤で浮き彫りにされれば
されるほど後半へ続くなんとも言えない不気味な恐怖感が
じわじわと。

謎の新種の真菌症の正体をつきとめるため
話は遣隋使、小野妹子の時代まで推理は進み、また
それがより一層、話に臨場感を与え引き込まれます。
そういった歴史ミステリを交えながら最後には
病気との闘いを通した家族愛にまで話は進み
とても読み応えのある1冊に。
愛する夫と不妊治療の末やっと授かった幼い我が子
自分自身に残された日々。
このへんはホントもぅ涙が止まりませんでしたよ。
オススメです。
[PR]
2006年 04月 25日 |
a0104226_22543162.jpg
 自分が自分でなくなる。
これはコワイよね。考えただけでも。
でもそんな状態なんてあり得ないからと考えたこともない。
さて、ここで質問です。
Aさんが事故にあいました。脳を破損しました。
そこでBさんの脳がAさんに移植されました。
さて、この人は、Aさんですか?Bさんですか?

内向的で優しい性格の持ち主、成瀬純一は絵が描くのが
好きなどこにでもいるフツウ、いや、普通よりは大人しい男性。
極々平凡な生活を送っていたある日。
引っ越しを考えてたまたま入った不動産屋で事件に巻き込まれる。
強盗にピストルで頭を撃たれ、そして
普通ならば命を落としているところ、世界初の脳移植が
純一に施されていた。
純一は徐々に自分自身に違和感を感じていく。
自分が自分でなくなる。自分に移植された脳は。。。

まぁ現実問題、脳移植はねぇ。。。。無理だし
脳の持ち主もすぐに読めちゃうから、うーん?と
思い読んでいくと、実はテーマはそこではないのね。

話は中盤から純一自身と脳の持ち主との間での
闘いになっていきます。
なかなかこれはコワイものがありました。
思考回路が、趣味が、口調が、そして一人称までもが
変わっていく、自分が失われていく恐怖。
自分が歩んできたものがすべて無となる、自分自身が消されていく。
それでも純一を思い続けてくれる彼女の存在。
痛々しい恋愛の物語としても読めます。

映画化もされてたのね。
京極役に松田悟志、妙にはまっててよいな。
(蒼井優はかわいすぎなのでは(苦笑))
[PR]
2006年 04月 21日 |
a0104226_22491754.jpg
 「妻と子供を持つということは、運命に人質を
捧げるようなものだ」から始まるこの小説、
はっきり言ってこれは「何がどうなった」を読む小説じゃないです。
どうするか?を考える、悩む男の物語。
そしてそれにまったく違和感はない。
例え色々な空想に振り回されようとそれは必須であり
当たり前、当然、やっぱそうだよね、そうなるよね、と
自然に納得できる。○オチかよ!と悪態をつく必要が
まったくない、むしろそんな感想をもらす方が不粋。
とすら思える話の作りはさすがです。

誘拐事件が発生する。小学校1年生の男子。
脅迫文はメール。それもその子が持っていたPHSから。
身代金は200万円。受け渡し方法と
警察に知らせたら殺すという文面。
両親は当然、警察に知らせる。しかし身代金の
受け渡しは失敗に終わり、我が子の遺体が発見される。
その遺体は、短銃で撃たれていた。

同様の事件が立て続けに、結果4人の犠牲者が出る。
そんな時、父は我が子の部屋から飛んでもないものを
見つける。小学校6年生の我が子は何をしているのか?

息子を信じたい、信じられない。我が子がかわいい。けれど
自分もかわいいという本音。
そこで父は。。。。

もぅもぅもぅ一気読みです。
早く早く、どうなるの?どうなるの?と読み進めますが
もぅ親なら。。。。きっとこの親のように堂々巡りを
繰り返してしまうでしょうね。信じたくない事実に対して。

「偽りが不幸をもたらすのではない。
偽りを偽りと認識してしまうことが不幸なのだ。
一度夢から醒めてしまったら、二度と偽りの世界に
遊ぶことはできない」

にしても、ホントコワイ本でした(苦笑)
[PR]
2006年 04月 19日 |
a0104226_22463040.jpg
 んー、なんて言ったらいいんでしょ。壮大な話です。
中国清朝末期、貧しい糞拾いの子、春児(チュンル)は
占い師白太太(パイタイタイ)の予言を受ける。
昴を守護星とし紫禁城(ヅチンチョン)の帝の側近となり
老仏爺(ラオフォイエ)西太后(シータイホウのお宝をすべて手にする、と。
その予言を信じて、科挙の試験を受ける幼馴染みの兄貴分
文秀(ウェンシウ)に従って都へと向かう。
己の身分の低さを痛感した春児は自らの手で浄身(チンシェン)し
「宦官(ホワンクワン)」となり西太后に仕え
また文秀は科挙を主席で合格し
万歳爺(ワンソイイエ)光緒帝に仕えることとなり
対立する后派と帝派にわかれてしまう。
滅びゆく清朝の中、ひたすら自分に課された星のもと
自らの「蒼穹(あおぞら)」を求め生き抜いていく。

浅田次郎の最高傑作との評判が高い本。
でもちらっとこぅ書いただけではちっともわからないどころか
中国の歴史や文化に疎いあたしはもぅ拒否反応すら
起こしそうな単語の羅列!
時間はかかりましたがそれでも読み切れたのは
登場人物たちの魅力でしょうね。

悪女として書かれることの覆い西太后ですが
この話の中では、「おじいちゃん」の霊の前では
少女のようにかわいらしくいじらしく
ジャーナリスト達に西太后について語る春児の言葉は
無垢そのもの。
この世界はまず読んでいただくのが一番感じてもらえるけれど
なにぶん長い。けれど長さを感じながらも
その世界の居心地の良さに最終話では
「彼ら」との別れがちょっと寂しかったり(笑)

苦手意識だけで避けているともったいないことがいっぱいあるね。
[PR]
2006年 04月 15日 |
a0104226_22434132.jpg
zDr.ペリコーンといえば「美肌革命」が有名ですが
まずはこちらからご紹介。

ニコラス・ペリコーン博士はアメリカで
カリスマ的指示を誇る皮膚科医者。
「炎症による加齢」理論の父といわれており
肌や全身の疾患の治療や、加齢、日光、環境やホルモンの
変化からおこる肌のダメージを防ぐための外用抗炎症剤の
用法などについて、何十ものアメリカおよび国際特許を所有 、
また、自らの理論の実用化にも取り組み
その研究の成果はN.V. Perricone M.D. Cosmeceuticalsという
スキンケア製品ラインと、N.V. Perricone M.D. Nutriceuticalsと
いうサプリメント製品ラインとして実現。
これらの製品はペリコーン博士のアンチエイジング理論に
基づいており、一般の化粧品やサプリメントにはない
理論と機能性を備えています。
“ドクターズコスメ”のコンセプトを世界に先駆けて
提唱してきた第一人者です。
で、こちらの本。
「ペリコーン博士のアンチエイジング革命」と
「リンクルキュア」です。

「リンクルキュア」では肌がなぜ老化していくのかを
詳しく説明しています。
フリーラジカルと呼ばれる老化理論、そしてフリーラジカルを
起こさないようにするための、フリーラジカルのダメージから
細胞を守る手段としての「抗酸化物質」の必要性
肌のお手入れ、生活においての注意など
それは肌だけではなく身体そのものを健康に保つ必要性が
書かれています。

「アンチエイジング革命」も同様ですが
こちらでは28日間で身体を若返らせるレシピも紹介。
こちらの方が肌、コスメよりも生活そのものを重点的に
簡素化して説明してあります。

「リンクルキュア」内で博士がいう必要な抗酸化物質として
●ビタミンCエステル
●アルファリポ酸
●DMAE(ジメチルアミノエタノール)
などを紹介し、他にも
アルファヒドロキシ酸とベータヒドロキシ酸についても説明。
サプリ等についてもどんなサプリが必要かが
詳しく書かれてますが、まぁこれは博士のサイト内でも
書かれてるので興味ある方は覗いてみてください。

「アンチエイジング革命」では特に食を中心に。
博士がスーパー食品賭して紹介しているのが「まいたけ」
。。。毎日取るか?(笑)

一度、博士の本は読んでおいて女子として損はないと思いますよ。
で、興味を持たれた方、
博士の薦める抗酸化物質が含まれたコスメは
その成分量もすべて研究され、その結果として高く評価を
受けている博士のコスメラインもありますが
あたしが愛用している456.comでも同様の成分のコスメが
ありますのであとは自己責任で(笑)
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon