:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
2006年 05月 20日 |
a0104226_2319193.jpg
 陰陽師3巻目です。もぅね、心地よいです。
やっぱりね、これはミステリ、謎解きだと思います。
だから読み終わったあともまた心地よい。
純粋に安倍晴明と源博雅の関係も心地よいし
不思議なさまざまなもの、鬼や呪の存在を
あるがままに受け入れるその世界そのものも心地よい。
読んでいてわくわくもするし
そうか、と心に沁みるものもあり
すべてを心に吸収したい気分です。

またまた以下覚え書き。ネタバレだから読まないように(笑)

■瓜仙人
 博雅が帝の使いで瓜を運ぶ途中に出逢った不思議な老人。
 最近都で起こる奇怪な事件はすべてその老人、
 方士丹蟲(たんちゅう)が操る「管狐」くだきつね
 ー妖力を持った小さな狐の仕業。管狐に対するのは
 晴明が紙から作った小さな犬。
■鉄輪(かなわ)
 愛した男が他の女にうつつを抜かし残された女の恨みは
 毎夜、「丑の刻参り」でというありきたりに見える話の
 オチが、生成(なまなりー女が鬼に変わる前の段階)に
 なった死者が心を静めるため、博雅の笛の音を聞きに
 現れるという「自然」な姿
 一方を守るということは一方を見捨てるということ。
■這う鬼
 屋敷の女主人へと下男が預かってきた箱。中身は
 瞼ごとくじりとった目玉がふたつと陰毛を付けたまま
 えぐり取られた男根。預けた女は付き合っていた男が
 通わなくなり、挙げ句に殺されるところを逆に殺して
 新しい女の元へ送りつけた。我が身の髪の毛を皮から
 はいで生き霊となっていた。願いを達成させたように
 信じ込ませることで嬉しさと哀しさの中消えていく女。
■迷神
 愛する男が流行病で死んだ。残された妻は哀しさゆえ
 一目でいいから夫に会いたいと願い智徳法師に
 いくらでも金は出すと泣きついた。智徳法師に紹介され
 鼠牛法師に死者を蘇らせてもらったものの恐ろしさの
 あまり会うことができない。なんとかならぬものかと
 晴明に話が舞い込んだ。鼠牛法師とは蘆屋道満という
 陰陽師であった。人がかけた呪を解くために
 晴明は道満と話をつける。呪を解く鍵は博雅の語った
 満開の桜への思い。自然にはらりと落ちる桜。
■ものやと思ふと。。。
 帝のもと、大きな歌詠み(歌合うたあい)の会が催され
 接戦の末、負けたのち食べ物を受け付けなくなって
 死んでいった壬生忠見。夜な夜な彼の鬼が内裏に出て特に
 悪さを働くでもなく自分の詠んだ詩を呟いて消えていく。
 しかしそれが帝の耳に入り、なんとかするように、と。
 実は壬生忠見も親の忠岑も2代とも歌を詠む者だったが
 すべて自作ではなく「万葉集」に詠み人知らずと
 表された鬼が作ったものだった。忠見の最後の最後に
 詠んだ詩は初めて己で作ったもの、しかし対戦相手が
 出した歌はその鬼が過去に詠み人知らずとして作った歌を
 元歌にして作ったもの。鬼はいくらでも忠見を
 勝たせることができたがこのときばかりは悩みぬいて
 逃げたのだった。勝負を天に任せた結果、
 死んでしまった忠見に対して悲しむ鬼の姿。
■打臥(うちふし)の巫女
 瓜を手土産に持ってこいという晴明に博雅は瓜を
 持って行ったところ、仕事のために瓜を確認したかったと。
 理由を聞くとなんでも「予言」する巫女がいる、彼女に
 瓜が見える、とだけでよいのか悪いのかもわからず
 困っている兼家に、買った瓜を見てもらいたいと
 いうものだった。見るとその瓜には呪がかけられていた。
 呪をかけたのは道満。依頼したのは兼家の兄、兼通。
 晴明が出てきたら降りる、と言っていた道満はそのまま引き
 事は解決。予言した女の元に行ってみるとそこにいたのは
 前に晴明が身体の中にたまった苦蛇(くだ)を取ってやった
 白比丘尼(しらびくに)であった。
■血吸い女房
 夏の暑さ、雨がもぅ30日以上も降っていない。
 空海和尚や妙月和尚のように雨乞いで雨を降らすことが
 できるかと尋ねる博政に晴明は「天地の運行を
 どうこうすることはできない」けれど「よむことはできる」。
 そんな折り、雨乞いの派手な宴をした藤原師尹公の屋敷で
 女房達が次々と「血を吸われる」事件が起こる。
 捕まえてみると一人の女房、彼女にはものが取り憑いていた。
 聞くと神泉苑の池に150年も生きている蛭(ひる)
 空海和尚や妙月和尚の投げ入れた諸龍真言の紙を
 食べまた真言が食べたくて、池の中で真言を唱えていた
 この女に取り憑いた。
 蛭を池に戻す折り「このような日照りの原因を作ったのは
 お前であろう、東海龍王に雨を降らせるよう伝えよ」と
 もったいぶった口調で説くと、その夜には雨が。
 師尹公はしばらくの間、宮中にて晴明が降らせたと
 いいまわるに違いないという博雅の言葉に微笑を
 浮かべるばかりの晴明。

あ、すっごい長い(苦笑)
[PR]
2006年 05月 20日 |
a0104226_23135488.jpg
 まったく予備知識ナシで表紙のキレイさ
かわいらしさで手にとりました。
いやぁ、騙されたね(笑)
恋愛ものかと思ったよ。甘かった。さすが桐野作品。
フツウのおばさんを書かせたら天下一品。
すごいです。あまりのリアルさに気持ちが暗く沈みます(笑)
桐野夏生作品は「OUT」「グロテスク」
「アイムソーリー、ママ」などを今までに
読みましたがどれもやっぱ中年女の心理がずば抜けて
ストレートに突いてると思う。

今回は、いきなり長年連れ添った夫の死を迎えた
初老とも言える年齢を迎えた女性の話。
一生懸命、切りつめて友達に誘われる海外旅行も断り
自分のことよりも家族のことを一番に置き
銀行に勤めたにもかかわらず音楽の仕事がしたいと
アメリカにいったっきり一言も連絡をよこさない長男と
フリーターのまま30代になり気は弱いけれど人のよい
年下の男性と同棲をだらだらと続ける長女。
子供達は子供達、と夫婦で、家も退職金でローンを
払い終え、少々の貯蓄と年金で夫婦でこのまま
ゆっくり暮らしていけばいい、と安穏に考えていた矢先。

突然、露わになる亡き夫の愛人関係。
自分の知らない夫の「明るい」姿。
長男はまるで他人のように、己の保身ばかりに
執着して財産を、家を狙っているようにしか見えなくなり
長女は長女で兄に対抗意識しか持たない。
友人達もみな自分の「寂しさ」「戸惑い」をわからない。

気のいい世間知らずの奥さんだった自分に嫌気がさし
「今までにしたことのない行動を取ろう」と決めた
彼女が出逢った様々な人たち。
自分よりもずっとずっと大変な人たち
それぞれの持つ家庭観、世間観、ちょっとずつ一歩ずつ
進んでいくおばさんの姿が
それはそれはもどかしく話は進んでいきます。

世間一般のおばさんというのはこーいう思考回路のもと
動いているのねと小説に教えられた気分です(苦笑)
[PR]
2006年 05月 17日 |
a0104226_23114630.jpg
 第12回日本ホラー小説大賞の大賞受賞作です。
ホラーと聞いて、ピンとこなかったものの
1997年の第4回には貴志祐介の「黒い家」も
受賞しているのでちょっと安心して読んでみました。

いやいや「黒い家」を連想しちゃいけません。
まったく違います。
一歩間違えるとファンタジーな異世界を
おどろおどろしく、それでいてユーモアもあり
指の隙間から見ていたくなるようなそんな
不思議な世界が繰り広げられる「夜市」

そこへ行けばどんなものでも買える。
なんでもある。なんでも売っている。
「自転車、スーパーカー、本物の。洋服、生き物、
家具、スパイス、日本刀、銃、麻薬、身長が伸びる薬」
人間の首もライオンや象も
なんでも斬れる剣も
老化が早く進む薬も、遅く進む薬も。
そして
野球選手の器。

夜市に行ったことのある祐司と祐司に連れて行かれたいずみ。
二人が夜市を抜けるには「買い物」をしないと出られない。。。
祐司がまた夜市に行って「買いたかったもの」
そしていずみが夜市を抜けるために買ったものは。。。


「夜市」は受賞作ですがもぅ一編の「風の古道(こどう)」
も同じように異世界を描いた作品。

正式な出入り口の他にある綻びから迷い込んでしまった古道。
古道のものは一切オモテの世界に持ち出すことはできない。
もちろん古道で生まれたものも死んだものも。

12歳だった主人公は友達のカズキと古道を探検しようと
軽い気持ちで入っていく。そこで出逢った古道で生まれた青年レン。
そしてカズキはトラブルに巻き込まれて古道の中で
死んでしまう。カズキを蘇らせるためレンと一緒に
「雨の寺」を探し求める間、私はレンから古道に関する話を
レンの生い立ちを聞いていく。

ちょっと「古道」の死者の行進は「陰陽師」の
百鬼夜行を彷彿とさせるものがあってドキドキ。
個人的には「夜市」よりも「風の古道」のが好きかな。
恐いけれどこんな異世界、存在していて欲しいとどこかで
思ってしまう。
ホラーといってもこんな形のホラーもあるんだね。
短いお話なのでさらっと異世界にスリップできる本。
[PR]
2006年 05月 09日 |
a0104226_2382246.jpg
 陰陽師2冊目です。実はこの1冊目と2冊目の間って
7年あいてるそうですね〜。いやいや全然そんな違和感なしに
あの晴明と博雅の心地よい関係を軸とした
不思議な世界が繰り広げられています。
お約束の晴明の家で酌み交わされるお酒のシーンは
もぅ本当に読んでるだけでこちらまで
ゆったりした気持ちになります。
風景描写が、はっきりと浮かぶのではなく
ろうそくのあかりで徐々に照らし出されていくような
そんな感じで広がっていく。

そしてたいてい博雅の方から晴明に
「お前の分野」と言わんばかりに様々な
謎が持ち込まれ、晴明がそれを解決していく流れも
心地よい。

真っ暗な闇のある時代、鬼や魔物がフツウに存在する時代。
史実なんて関係ない。
純粋に楽しめるシリーズ。
これはもぅあれだけ当たったのが納得です。

以下、また自分用のメモです。ネタバレです。
読まないように気をつけて(笑)


■天邪鬼
 仏師の僧、玄徳は檜の古木から四天王像を彫っていた。
 が、最後の一体を作るとき真言を忘れ、広目天が足で
 踏みつぶすはずの木彫りの邪鬼が消えた。
 同じ頃、子供の鬼が出て悪さをしていた。
 何を言っても逆のことをしようとして人々を
 惑わし踏みつけてたのだった。
■下衆法師(げすほうし)
 寒水翁という絵師、奇怪(あやし)の外法に興味を
 持ち、青猿法師に弟子入りを申し出たが
 連れて行かれたのは我が身を食らう妖物の所。
 中に籠もって夜が明けるまで閉じこもるが
 様々なまやかしが「嘘」の誘いを。
 身体の中に巣くわれるが晴明の機転で
 ひりだしたものは歳経た狢(むじな)の死骸。
 ー晴明の「式神」の創り方が面白い。
■陀羅尼仙(だらにせん)
 仙人になりたくてなった男。下界に触れて
 重くなり飛んで帰ることができなくなった。
 陀羅尼が取り持った縁、相手は白拍子だった。
■露と答へて
 博雅が藤原兼家の娘、越子から聞かされた
 せつない二人の恋物語のうた。
 でもそれは「嘘」ですよと暗に伝えたもの。
 気づかない博雅に対して周りの人たちの
 優しい気遣い。
■鬼小町
 小野小町が年老いたら、な話。
 一人の老婆の中に住む恋いこがれて
 死んでいった男の意識。晴明にも
 救えぬ二人の関係。
■桃薗の柱の穴より児の手の人を招くこと
 柱から出てくる子供の手。矢を突き立てて
 出ないようにしたところ、次は天井から
 指が落ちてくる。天井に矢を立てて
 押さえ込むと次は蛙、次は蛇が落ちてきた。
 すべては気脈を懐妊したお腹の中の
 赤子が止めていた流れゆえ。
■源博雅堀川橋にて妖しの女と出逢うこと
 橋を渡ろうとすると出てくる魔物の女。
 肝試しのように殿上人たちが一人そして
 また一人夜中に橋に向かう。
 遂に博雅がかり出され向かうとそこには
 晴明が張ったような結界があった。
 結界を抜けようと橋を飛び降りると
 そこには晴明が「お産」に立ち会ってた。
[PR]
2006年 05月 03日 |
a0104226_2332153.jpg
 すっかり歌野晶午のファンです。
「あえて探偵を廃し、あえてトリックを抑え
あえて論理合戦を殺ぎ落とし、絢爛豪華な謎もなく
物語はあくまで日常で、しかし精神は本格
ようこそ、裏本格の世界へ」
とは、作者のことば。
その通りの短編集です。

ネタバレしないように気をつけて紹介(笑)

「盗聴」
電話の盗聴にすっかりはまってしまった浪人生
の話です。でもある日彼は、電話の向こうに
「かちかち鳥を飛ばせ」という
謎の言葉を聞いてしまう。そこに犯罪の匂いを感じて
兄と一緒に探り出す。

「逃亡者 大河内清秀」
某TVmovieっぽいタイトルですがこっちのが
ずーっと先に書かれてます(笑)おまけに
こちら、このタイトルにものすごく深い意味が。
語り部を自由に操る歌野マジックに脳をシェイクされてください。

「猫部屋の囚人」
んー、ネタはね、初めから読めちゃうんですけど
でもこーいう窮極の状態に置かれたら
そう感じてしまうんじゃないかなとすっと納得できる手腕。
「狂気」に陥っていく状態の描き方が巧いっす。

「記憶の囚人」
いやあ、すごい。ミステリな「童話」
いかにも「童話」な要素、魔女をイメージさせる
「黒い女」という表現や西洋風な家具の描写。
でもいきなりでてくる「日本語名」の息子の名前。
もぅなに?なに?なに?と思っているうちに
歌野の世界に嵌ってるんですよ。
コワイっすよ。何度も読み返しちゃった。
こーいう文体で読むミステリは初めてだったので
それだけで新鮮でした。

「美神崩壊」
んー、シンプルにコワイっすね。
こぅミステリな漫画にでもできそうな題材。
そう、そういう意味でコミックっぽい。
下手に長くしないで余計なものをすべて殺ぎ落として
シンプルにしたのがヨイんでしょうね。

「プラットホームのカオス」
んまいなぁ。やっぱ。
小賢しい不良中学生に日々、いいようにあしらわれ
鬱屈したものを抱えている「いじめられている同級生」と
「学校の先生」
その二人が同じホームの上に立ったとき。。。
様々な視点から語られるのでこれまた歌野の得意路線。
騙されているのに気づかないうちに騙されてる快感。

「正月十一日、鏡殺し」
表題作です。
んー。もぅね、これなら映像可も十分可能なほどの
作り込み。でもやっぱり無駄な物をすべて落とした
ショートなのでこれは文体で楽しむのが正解かも。
夫に先立たれた妻と、娘、そして夫の母親。
そこに生まれる殺意。娘のいじらしさがまた哀しい。

本当にねぇ。。。この歌野という作家の手に掛かると
騙される快感を存分に味わえます。
ぜひ。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon