:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
2006年 07月 30日 |
a0104226_28434.jpg
 伊坂の描く青春群像小説。伊坂が「青春」を描くと
こうなるんですね〜。んー、見事。
個性的な5人の大学生の実によくまとめられたストーリー。
読後感の気持ちよさ、そして読み終わることで
彼らとのつきあいが終わってしまうもの悲しさ、たった1冊で
それを感じたのは初めて。だいたい何巻にも
渡る本のとき、そーいうこと感じたりするんですけどねぇ。
それだけこの話の中にすっかり夢中に取り込まれていた、と
いうことでしょう。
もちろん伊坂ならではの「伏線」の張り巡らし方も。
そして時系列での読者に向けてだけの軽いトリック。
いやいやこれはもぅすっかり
騙されました。え?!って(笑)←言うとつまらないからねっ。
どうぞはまってください。

周りに関心を示さず常に上から物を見ているような鳥瞰型の
主人公北村、合コン大好き、オンナノコ大好きな軽いノリの鳥井と
変人としか言いようのない「自信家」で熱いオトコの西嶋、
とびきりの美人だけれど無表情でクールな東堂、
大人しくて陽だまりのような女の子、南の5人。
「幹事役の莞爾」に最後に言わせた一言はきっと
読んでる人みんなが思うことなんじゃないかなぁ。

青春群像小説って苦手なんですけどね
熱いの苦手だし。
でもそのあたしがさらっと読めた上、その世界にはまるなんてね。
これがきっかけで学生主人公な青春モノをこれから
ばしばし読みまくる。
なんてことまるではない。

「そこからかよー。」

やば。むちゃくちゃ気に入ってる(笑)
[PR]
2006年 07月 30日 |
a0104226_1554140.jpg
 阿刀田高、小池真理子、鈴木光司、高橋克彦、
乃南アサ、夢枕獏、宮部みゆきといった大御所7人の
描く「怖い」短編集。

「迷路」阿刀田高
少し理解力の足りない昌司、古い井戸の中にいたずら心で
落としてしまったこと、自分に残された財産を狙って
近づいた女性の死体、すべて「流れて」いくものだと
信じていたけれど。。。ラスト、背中をぞくっとさせるお話。

「布団部屋」宮部みゆき
奉公へ出た姉が突然、謎の死を遂げた。その姉の後に
妹であるおゆうがその酒屋に奉公に出された。
主人は皆短命で奉公人は皆真面目と噂ばかりされるその店に。
宮部の短編集「怪」で読んだときも漂った静かな恐さを思い出しました。

「母の死んだ家」高橋克彦
深い山道、道に迷った。編集者と二人さまよい歩き
行き着いた所は、行かなければと思いながらも
来たくなかった母が自殺をした別荘だった。
さらっと読むと混乱。また読みなおしたくなってしまう
噛みしめるような恐怖感。

「夕がすみ」乃南アサ
幼い妹を亡くし、またすぐに両親を亡くしたまだ幼い
従姉妹のかすみを引き取ることになった。彼女の
可憐さ、可愛さに惹きつけられると同時にわかっていく
得体の知れないその恐さ。短編集だけではなく
続編も期待したくなるようなお話。

「空に浮かぶ棺」鈴木光司
あの有名な「リング」の続編という感じなのでしょうか。
映像でしか「リング」は見てないので、初めて
「あのビデオ」の描写を活字で体験しましたが映像よりも
ずっと怖いかもしれない。

「安義橋の鬼、人を喰らふ語」夢枕獏
安倍晴明は出てこないけれど陰陽師は出てきます。
はい、あの時代のお話です。鬼がまだ存在していた
人々の心の闇の中にしっかりと「恐怖」があった時代。
これもまた怖い世界。

「康平の背中」小池真理子
何の取り柄もない抜け殻のような自分に後添いにとまで
言ってくれる裕福な初老の男性。でもその男性の横に
死んだはずの昔の不倫相手が背中を向けて座っていた。
ふぅん。。。小池真理子の文章だなぁという感想しか
持てず(苦笑)

半日で読めるような薄い本でした(苦笑)
病院の待合室などでさらっと読むのに適した本(笑)
[PR]
2006年 07月 27日 |
a0104226_1533154.jpg
 どうこういうまでもない大ベストセラー。
ドラマ化もされてる有名所なので
特別な説明もいらないでしょう。
社会派小説の金字塔とまで言われるだけあり
読み応えばっちり。
医事裁判をベースに人間の生命の尊厳と
二人の男の対照的な生き方。
とにかく大作でありながら文章そのものは
とても読みやすい。
文章にいっさい違和感がなく日本語が
きれいだからこそ、だと思います。

里見先生の誠実さに惹かれながらも
里見が財前の最後に「死なせたくない」と
思う気持ちがね、すごく「わかってしまう」んですよ。
それまで財前に対して「やなやつ〜〜〜」なんて
思っていたとしても(笑)結果的に
その魅力がちゃんと理解できる。
そこに至ってしまったまでが「わかる」
これはやっぱりきちんと「書き切れている」からでしょう。

。。。でも確かに奢りから人を死に至らしめたとはいえ
それまでに救われた人の数を思うと、ねぇ(苦笑)
と、冷血漢な財前にすっかりやられていることに気づく(笑)
[PR]
2006年 07月 15日 |
a0104226_1513790.jpg
 映画やテレビなどではなく、またブームの時でもなく
本からこの時期、入ることができてホントよかった。
いつでも安心して「この世界」に身を投じることが
できて、またその期待にちゃあんと応えてくれる
素晴らしい本。ずっと続いて欲しいなぁ。
4巻目です。以下また例の如くネタバレなあらすじ。

■泰山府君祭
 唐の国の神、人の寿命や生死を司る。眠りに
 落ちたまま目を覚まさない智興内供に
 泰山府君の祭を行う晴明。そのもとを手繰れば
 女人禁制の身でありながら泰山府君と
 同じ日に生まれた女の屍体を犯したことだった。
■青鬼の背に乗りたる男の譚
 男を思い死んでいった女は鬼となり
 男の命を狙う。探すが男の姿は見えず。
 晴明の術により男、直平は鬼となった女の
 背中に張り付いていたのだった。そこで
 思い知った女の心の哀れさに涙する直平。
■月見草
 死んだ朝綱の残した歌の意味に込められた
 残された女への形見。その歌に隠された謎解き。
■漢神道士
 毎夜、夢の中で焼けた柱に身体を押しつけられて
 焼かれていく。そして現の身体もまた。
 呪をかけられた為輔、その原因は花見の時に
 追い払ったみすぼらしい老人と1匹の蛇だった。
■手をひく人
 猿重が手を引かれ向かった先は橋だった。
 「流されますぞ」と訴える見覚えのないその相手。
 実はその昔、橋の建立時に人柱にされた夫婦だった。
■髑髏(どくろ)譚
 あの世でさらに謂われのない罰を受ける寺の
 僧達。そこから救いを求めて墓から出てきた
 一つの髑髏。晴明は髑髏に舌を与えることで
 何故そうなりえたかを突き止めていく。
■晴明、道満と覆物の中身を占うこと
 帝の前で蘆屋道満と方術を比べ合うことになった
 晴明。さてその結果は。。。
 「おまえは名を取れ、おれは実を取らせてもらう」
 結局、陰陽師の二人に敵うものはない。
[PR]
2006年 07月 04日 |
a0104226_148867.jpg
 重松とはまた違ったカラーで大好きな作家
伊坂幸太郎の長編です。
ミステリに分類していいのかな。
犯人探しではないんですけどね。すごいですよ。
ものの見事に騙されました。
以前、読んだ「慟哭」
「葉桜の季節に君を想うということ」なども
そうでしたか読み終わったあともう一度
読み返してしまいましたよ。見事。
最初にすり込まれた情報に人はこんなにも
簡単に騙されてしまうんだね。
読み返すと作者は何一つ嘘はついてないんだよね〜。

物語は「現在」を法学部に入学したての大学生、椎名
「2年前」をペットショップで働く琴美の一人称で
交互に進んでいきます。
この二つが非常にうまく重なっていく。
2年前のセリフが現在にも同じように使われたりするうち
読者はどんどん、作者より与えられる主人公椎名よりも
「知っている」情報にもしかしたら
密かな優越感をもって天から見下ろす神の如く
ストーリーを味わっているのかもしれない。
もぅその時点で騙されてるんだけどね(笑)

動物虐待というまともな人間なら誰しも
嫌悪感を激しくもつ事件が描かれ、その描写に
琴美と同じように血が怒りに沸々とわき上がり
「いやな感じ」が漂う「途中」と
その「いやな感じ」が見事なまでに払拭される
「ラスト」そしてタイトルとのキレイな融合。
後味すっきり、人物描写も台詞使いも冴えまくり
何度も読み返したくなる素晴らしい作品!
何を言ってもネタバレになりそうなのでぜひ読んで欲しい!
[PR]
2006年 07月 01日 |
a0104226_1393683.jpg
 初めからわかってたんです。だって
重松でしょ?おまけに「その日」というのは
人生最後の日をさしていて「その日」を
テーマにした短編集でしょ?
そりゃ泣きますよ。
案の定、泣き通しでした。

一つ、予想外だったのは、あ、違う
忘れていたのがそれを作り上げているのが
「重松」だと言うこと。そう、重松清だから
泣かせる以上に、巧いんです。
これはもぅ想像以上。

ガンリュウと呼ばれた意地悪で
気が強くてみんなに疎まれていた女子が
入院した。もしかしたら、死んでしまうかも
しれないのに素直に「お見舞い」の一言が
出ない、そんな相手。「ひこうき雲」

高校教師のプクさんが毎朝の途中に
出逢った昔の教え子。そしてもぅ一人の
教え子が同じマンションに越してきたこと
を知る。彼女は万引きの常習癖があった「朝日のあたる家」

余命3ヶ月。嘘だろう?妻も子供もいるのに。
疲れ切った身体と心で向かった先は小学生の頃
1年数ヶ月過ごした海沿いの町。昔、同級生が
海で行方意不明になった町だった「潮騒」

小さい頃に父は亡くなりずっと母子二人で
暮らしてきた。まだ15歳、中途半端。なのに
母がもしかしたらガンかもしれない。
気持ちの弱い息子を置いていけない「ヒア・カムズ・ザ・サン」

結婚して初めて住んだ町、準急が止まるようになり
商店街も新しくなった。もぅすぐ「その日」が
来てしまうかもしれない。思い残すことのないよう
明日からのもっと辛い治療に立ち向かえるよう
ガンを患う妻と二人、小さな旅に出た「その日のまえに」

その日はいつきても不思議ではないほど悪化した妻。
子供達には黙っていたがもぅそんなわけにも
いかない。そしてついに携帯電話から病院からかかって
来たことを知らせる「カノン」が響く「その日」

その日のまえに、準備したはずなのに
きれいに消え去る事なんてできなかった妻。
送られてくるDM、そして買い置きの赤い歯ブラシ。
3ヶ月後に手渡された妻からの手紙に書かれた
文字は。。。「その日のあとで」

連作ものは最後の3つだけではないんです。
とてもうまく色々な話が絡めてある。見事です。
登場人物たちがすべてこの本の中で生きているんです。
もぅ脱帽!テーマがテーマだけに号泣したあと
その巧さにはっとさせられる、すごい本です。
ぷはー。うん。すごい。
。。。外で読んじゃったんだけどそれでも
泣いたよ。家の中ならもっとすごかったかも。
電車の中で読んじゃいけない本第一位。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon