:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
2007年 08月 31日 |
a0104226_1550093.jpg
国民航空社員(モデルは日本航空)で同社の労働組合委員長を
務めた主人公、恩地元(実在の日本航空元社員・小倉寛太郎がモデル)が受けた不条理な内情を描き、人間の真実を描いた作品。
ナショナルフラッグキャリアの腐敗と、単独機の事故として
史上最悪の死者を出した日航機墜落事故を主題に
人の生命に直結する航空会社の社会倫理を
鋭く抉り出した作品である。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より

すごい作品です。
「華麗なる一族」や「白い巨塔」はのドラマ化。
これもそのうちドラマ化されるんでしょうか?にしてはスケール大きすぎ
一企業のバッシング扱いで無理かなーなどと思ったり。
この本が出たときにはそれはそれは
騒ぎになったようで。
なんせ実在する会社、モデル、政治家までもが
特定しやすいだけにいったいどこまでがフィクションか、と
すべてを信じてしまいそうになる危うさ。
でもそうなりそうなほど、作者がこの作品を仕上げるための
入念な下調べ、とてつもない労力。
それだけでもすごいです。

労働組合の対立によって、アカと言われ
報復人事としてパキスタンやアフリカを
10年に渡って(通常2年勤務)たらい回しにされた主人公。
利益だけを追求するその裏の姿には
金の亡者と化した一部幹部や政治家たち。
そんな腐敗した体制が、空の安全性を二の次とし
結果、起こってしまった史上最悪な御巣鷹山の墜落事故。
520人の被害者、そしてその遺族たちの苦しみ。
再建の為に総理の三顧の礼を持って迎えられたはずの
繊維会社会長は、その正義感から周り中を敵にし
やがてその巨大な渦に恩地ともども呑み込まれ
流されて行く様は巨大なアリ地獄にはまった小さなアリさながら。

ブルックリンの動物園に動物に並んで壁にかけられた鏡。
鏡に映し出される人間の姿につけられた説明書きは
「この地球上でもっとも危険で獰猛な動物」

恩地の僻地勤務時代の辛さ、むなさしさ
子会社社長や会長などの金遣いの荒さの表現
どれを取ってもその文章の巧さに
どんどんはまっていきます。

そして何より3巻目のあの大事故の様子
その後の遺族の様子や心ある社員たちの姿
何度も泣きました。

今までに、遺体監察医の本を読んでいるだけに
この小説の「正確さ」に驚きました。
あぁ、この人の話も読んだことある、この表現も読んだ
そんな感じで感心することしきり。
ゆえに様々な悪事ももしかしたら。。。とすっかり洗脳(笑)

あの飛行機が30分間もの間、大きく揺れダッチロールを
繰り返す時間に書かれた遺書。
そして残された子供の書いた詩。

決して繰り返してはいけない。



恩地元のモデルとなった小倉寛太郎氏のインタビュー
日本航空機長組合,日本航空乗員組合,日本航空先任航空機関士組合の
123便事故特集のサイト
「沈まぬ太陽」の反響 −週刊朝日 VS 週刊新潮・・・日本航空、機長組合の見解−

他関連サイトぐぐると大量に出てきます。


以下、長くなりますが各巻、「BOOK」データベースより。
参考までに。

ー1巻ー
広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」に耐える日々は十年に及ぼうとしていた。人命をあずかる企業の非情、その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命—。人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける。

ー2巻ー
パキスタン駐在を終えた恩地を待ち受けていたのは、さらなる報復人事だった。イラン、そして路線の就航もないケニアへの赴任。会社は帰国をちらつかせ、降伏を迫る一方で、露骨な差別人事により組合の分断を図っていた。共に闘った同期の友の裏切り。そして、家族との別離—。焦燥感と孤独とが、恩地をしだいに追いつめていく。そんな折、国民航空の旅客機が連続事故を起こす…。

−3巻ー
十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は五百二十名—。凄絶な遺体の検視、事故原因の究明、非情な補償交渉。救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、想像を絶する悲劇に直面し、苦悩する。慟哭を刻む第三巻。

ー4巻ー
「空の安全」をないがしろにし、利潤追求を第一とした経営。御巣鷹山の墜落は、起こるべくして起きた事故だった。政府は組織の建て直しを図るべく、新会長に国見正之の就任を要請。恩地は新設された会長室の部長に抜擢される。「きみの力を借りたい」。国見の真摯な説得が恩地を動かした。次第に白日の下にさらされる腐敗の構造。しかし、それは終わりなき暗闘の始まりでしかなかった…。

−5巻ー
会長室の調査により、次々と明るみに出る不正と乱脈。国民航空は、いまや人の貌をした魑魅魍魎に食いつくされつつあった。会長の国見と恩地はひるまず闘いをつづけるが、政・官・財が癒着する利権の闇は、あまりに深く巧妙に張りめぐらされていた。不正疑惑は閣議決定により闇に葬られ、国見は突如更迭される—。勇気とは、そして良心とは何かを問う壮大なドラマ、いよいよ完結へ!。
[PR]
2007年 08月 20日 |
a0104226_10151790.jpg
2歳と5歳の幼子を家に残し、突然の事故で全身マヒとなった若き母。相手を許し夫や家族の深い愛情に支えられ
数々の苦難を乗り越えて、生命の花を精一杯咲かせていく。
病院のベッドで生きるお母さんと子どもを結ぶ絆は
世界でたった一つのカレンダー。
優しさの内に秘められた、「生きたい!」という激しい願いは
多くの人々に勇気と感動を呼び起こす。
(書籍紹介より)

フジTV系「アンビリバボー」で放送されて話題になった本だそうです。
昭和46年6月16日、二人の子供の母である27歳の雅世さんは
はり治療の事故で生死の境をさまよい一命を取り留めたものの
そのまま2年間昏睡。
このまま目を覚まさないかもという不安と戦い、
必ず目覚めると信じ、看病を続けた家族。
そして目覚めたとき彼女の身体はどこも動かせない状態。
意識もはっきりし、言葉も喋れる、考えることもできるのに
身体は何も反応しないどころか痛みすら感じない。
リハビリを続け肩のわずかな動きだけで
字を書き、編み物をして大作まで仕上げる、それはすべて
家族に、娘たちに手紙を書きたいから、娘たちに
マフラーや手袋、帽子を作ってあげたいから。

自分を治療した針灸師を訴えなかったのも
許してあげて欲しいという思いもすべて
人を憎み戦っている母親を子供たちに見せたくないから。

自分がそのような状態になったことで夫、家族、親に不自由なだけでなく
肉体的にも精神的にもそして金銭的にも大きな負担を
与えたことで自分の家族のために「訴訟を起こして戦う」ことが
すべてではないんだな、と。

そして、悪気のない一言に深く傷つきながらも
その言葉を発せられたその奥や、相手の状態を考える
それはとても難しいこと。

何気ない世間話の中、どこそこの奥さんが小さい子を残して
事故で亡くなられた、かわいそうに、誰が子供の面倒を
見るんだろう?でもそれはあなたも同じよね、と
言われたときの言いようのない悔しさ。
全身麻痺だから身体の痛みがなくていいわね、と
言われたとき、痛みがないということはそのまま
わからないまま死に至ることもあるのにという怒り。

何気なく出た言葉。そしてその言葉を聞く相手によって
その人の心を深く傷つけてしまうことの怖さ。
健康ゆえに、その相手とは違う立場ゆえに気づかないこと。

やり場のない怒りと悲しみから大切なことを教わった、と

こんな「考え方」もあるんだと教わった思い。

許すこと、それは相手を許すだけではなく
おだやかに生きることの大切さ、そしてそれを子供に
見せて教えること。。。大事なことをこの本から、この方の生き方から
教わりました。

著者はラジオパーソナリティで、ラジオを聞いていた雅世さんからの
ハガキで交流が始まり、本を通して雅世さんの美しい生き方を
紹介してくれているのですが。。。。


。。。。この人の文章、ラブリー(笑)でメルヘン系、夢見る乙女というか
一昔のそれこそラジオパーソナリティ臭がして
時々その文体に逆にひいてしまった。
と、こんな毒を吐いてる限りこの本から教わったこと
なかなか実行できてません(苦笑)
[PR]
2007年 08月 09日 |
a0104226_22241630.jpg
日本人の記憶に深く刻まれた、520人の生命を
一瞬にして奪ったあの大事故。
当時、最前線で全遺体の身元確認にあたった著者が
やむにやまれぬ思いで、大事故の裏に現存する人々の
知られざるその後を追跡。
落下する機中で書き残された遺書が遺された家族の中に
生きているさま、ひとり息子を失った母のやり直し人生…
極限の惨状を共有した者だけに語られる心の叫び、魂の声がここにある。
(「BOOK」データベースより)

同著者の「墜落遺体」を読んでいたのでこの続編も。

前作が事故当時の事実を遺体検証の場から
事故の大きさ、悲惨さが書かれたのに対してこちらは
直接遺族に会い、その後の現場となった上野村のことや
救助に当たった村の人たち、
自衛隊員、医師、看護士たち、日航職員、
様々な人に会い、話を聞くことで書かれたルポタージュ。

あの落ちていく飛行機の中、家族に残された遺書から
始まるこの本はそれだけで涙が止まらない。

父親があの事故で亡くなったことでからかわれた子供も
立派な大人になり母親を支えている。
息子夫婦と孫を失ってもなお気丈に笑顔で
周りに元気を与える母は、日航職員に対し
縁あって出会えたと我が子のように接し
また職員ももぅ一人の母のような存在、と
世話を見ている。
「我々がやらねば遺族は決して許してくれない」と
事故後一度も本社に戻らず定年退職するまで
山の整備、遺族対策に奔走した社員。
520人もの人のが亡くなった霊地であり
と同時にあの悪条件の中、4人もの人が助かった
奇跡の山を守ると言う上野村の人々。
他にもたくさんのエピソードがありどれも心を打たれる。

事故から今年で22年。
いつ何が起こるかわからない。
たった一つの命の大事さ。
そして二度とこうした人為的な事故が起こらないように
一人でも多くの人がこうした本を読むことで
今ある生活、命を大切に思う心、そして
企業に対して、見張りの心を持つことができれば
日航機事故を風化させてはならないと願う著者の
思いは届いていく。
[PR]
2007年 08月 09日 |
a0104226_22284594.jpg
校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。
先生を二人だけの旅行に誘う問題児
頭脳明晰の美少女・剣道部の主将
先生をナンパするアーチェリー部の主将
—犯人候補は続々登場する。
そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…。
乱歩賞受賞の青春推理。
(「BOOK」データベースより)

東野デビュー作品。言われなければデビュー作とは
わからないくらい推理小説としてはよくできてるのでは。
犯人が予測のつかないまま二転三転
次へ次へと読ませる力はこの頃から十分すぎるほど。
ただ登場人物への感情移入はしにくい作品。

主人公は女子高教師。特に教師という職に執着してるでもなく
淡々とそつなくこなしていたが
立て続けに殺されそうな事件が3回起こっている。
もはや気のせいとは思えず疑心暗鬼になってる中
学校で密室殺人が起こる。
犯人は?動機は?そしてトリックは?
何もかも謎のまま次は運動会という衆人環視の中
あきらかに自分を狙ったと思われる殺人事件が起こる。
自分がやるはずだった仮装をしていた教師が死んだこと。
なのに初めの殺人事件とまったく共通項が見つからない。
なぜ自分が狙われているのか?
はたして犯人は?

犯人の動機に関しては意見のわかれるところ。
そして最後の最後のどんでん返し。

邪魔な奴は殺す。
んー。こわいなぁ〜(苦笑)
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon