:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
2009年 01月 05日 |
a0104226_13285897.jpga0104226_1330766.jpg
始まりは、小さな放火事件にすぎなかった。似たような人々が肩を寄せ合って暮らす都下の町。手に入れたささやかな幸福を守るためなら、どんなことだってやる—現実逃避の執念が暴走するクライム・ノベルの傑作、ここに誕生。
(「BOOK」データベース単行本より)

及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供二人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴一年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。
(「BOOK」データベース文庫本上巻より)

九野薫、36歳。本庁勤務を経て、現在警部補として、所轄勤務。7年前に最愛の妻を事故でなくして以来、義母を心の支えとしている。不眠。同僚・花村の素行調査を担当し、逆恨みされる。放火事件では、経理課長・及川に疑念を抱く。わずかな契機で変貌していく人間たちを絶妙の筆致で描きあげる犯罪小説の白眉。
(「BOOK」データベース文庫本下巻より)

面白いですよー。このスピード感。
上下巻で800ページ超えてるとは思えない。
もぅどんどん引込まれる。

ごくごく普通のありきたりの日常。
夫がもしかしたら放火犯?と疑った日から
足下から砂が海にさらわれるように崩れて行くような
じわじわとくるコワさ、そしてそこでもがく
ごくごく当たり前の専業主婦。
一方
ごくごく普通のありきたりの日常を過ごしているかのように
見えた過去に心の傷をおった一人の刑事。
死んだ妻の母、義母に癒される時間。
けれどその義母は。。。

傑作と思えるほどのラスト。
一人の母としてみれば、えええ?なことも
一人の女性としてみればその強さに圧倒される。
反面、男性の心の弱さを感じたり。。。

家族の為に、子供達の為に、と向かっていたはずなのに
どんどんどんどん状況があらぬ方向へ行ってしまう様子は
この話どうなっちゃうの?というよりも
この人たちこのあとどうするの?な感覚で
どんどん先を読み急ぎたくなる一冊。
そう、それくらい人間たちに厚みがある物語です。
[PR]
2009年 01月 04日 |
a0104226_1805942.jpg
一人の女教師が学校に血の戒厳令!卒業式前日、人質の生徒処刑が始まった。一人、また一人…。もう誰も逃げられない—。周到な計画、警察との攻防。強行突入か、説得か。タイムリミットが刻々と迫る。TV生中継のなか、ついに教師は用意された身代金で、前代未聞の「ゲーム」を宣言した…。第1回ホラーサスペンス大賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)

未成年犯罪の被害者の遺族による復讐の物語なのですが
その設定を高校の教室内でその学校の女教師によって
行われるというその設定からして
かなり「ぶっ飛んだ」作品。

文章的には些細な部分で難があるものの
それを十分に補えるスピード感とテンポのよさ
そして絵が浮かびやすいほどの描写力で
一気に読ませます。
エンターテイメントとしては映像化しても
いけるのでは?と思いますが結構、グロそうですね。

あれだけの大人数を相手に女教師が武器を手に
してるとはいえ、歯向かえないものかという疑問点に
関しては、あたしはありだと思いますね。
死体が教室内に転がっている、いつもは「弱いもの相手」にだけ
強者として立っている子たちが、いくら何人集まったって
その立場に立つ異常性、そして「集団で自分に
向かって来ても最初に来た一人は必ず殺す」と
宣言されたら、その子たちが、「その一人」になるわけがない(苦笑)
そう言った意味で、この展開は「あり得る」と思います。

また、この主人公である女教師の軸がぶれないのがいい。
最後まで貫き通して欲しいと思いながら読む自分がいました。
果たしてその復讐が正しいものかどうかは別として。
それにしても、よくこれだけ1クラスに「とんでもない生徒」を
集めたもんで(苦笑)そっちの方がよほど非現実的かな。
強いて言えば、女教師が復讐という立場に立つにあたっての
動機が弱いと言えば弱いかも。
そりゃ、大切な、他に血縁関係がまったくなくたった一人の
我が子を殺されたら、そこに弱いも何もないわけですが
小説としては、もっとその部分にページを割いてもよかったかも。
ただ、応募作品ということでページ制限もあったことだろうし
きっと作者自身も深く描きたかったのではないかと思います。
まぁそこまで深く描いても、だれないかどうかの問題がまた
別に出てきそうですが。

D組の生徒達が犯していた犯罪の一つ一つが
現在の日本の側面を象徴しているような事柄ばかりで
そちらの方も背筋がぞっとします。
超過激な問題作。
新年早々読むにはいかがかと(笑)
まぁラストまできちんと描ききれてる分、物語としては
すっきりはしましたが、どうしても少年犯罪がベースとなった作品は
考えれば考えるほどせつなくやるせない気持ちになりますね。
[PR]
2009年 01月 03日 |
a0104226_22222069.jpg
きんめ鯛を手土産に恋しいタマヨさんを訪ねる“あたし”の旅。終電の去った線路で、男を思いつつ口ずさむでたらめな歌。家庭をもつ身の二人が、鴨鍋をはさんでさしむかう冬の一日。ぽっかりあかるく深々せつない12の恋の物語。書下ろしをふくむ待望の最新短篇集
(「BOOK」データベースより)

忘れないでいよう。今のことを。今までのことを。これからのことを。
小田原の小さな飲み屋で、あいしてる、と言うあたしを尻目に生蛸をむつむつと噛むタマヨさん。「このたびは、あんまり愛してて、困っちゃったわよ」とこちらが困るような率直さで言うショウコさん。百五十年生きることにした、そのくらい生きてればさ、あなたといつも一緒にいられる機会もくるだろうし、と突然言うトキタさん……ぽっかり明るく深々しみる、よるべない恋の十二景。
出版社/著者からの内容紹介


なんていったらいいんだろう。
川上節全開、ということなのかな。

淡々としていて凛としてほんわかしてるけれどせつない。

一切において無駄がない短編ばかり。
時間の流れというのは本来こういう流れ方で
自然の一部で、川のように風のように
流れて行くもので
その中に身を任せることへの安心感と
茫洋とした不安感が混ざったような世界。

その中で唯一の芯となるのが彼女の
言葉のうまさ。日本語の美しさ。

これはもぅ好きな人にはたまらない世界でしょう。

はっきりとした起承転結、盛り上がりやどろどろとした
恋愛などを求める人には決して向かない一冊。

大人のための童話のような。
枕元において一遍一遍読んでいきたい本。
あ、表紙に騙されちゃいけません(笑)
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon