:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
2015年 01月 04日 |


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「生存崖っぷち」の難病女子が、病院から飛び出した!家族や友達を頼らずに、どうやって生きる?シャバでデートしたい(?)一心で、病院を「家出」したものの、新居のドアは重くて開かず、コンビニは遙か遠く、通院は地獄の道のり、待てど暮らせど電動車いすは来ず…。そして迎えた2011年3月11日。知性とユーモアがほとばしる命がけエッセイ第2弾!


久しぶりに更新してみますw
大野更紗さんの本は前作「困ってる人」を読んでたので
新作も読みたい!と思ってたところ
近所の整骨院の先生がすでに読まれていて
これはやっぱり早々に読まねば!とお借りした次第。

震災以降ツイッターに張り付いてた頃に
更紗さんのことを知り、ブログを全部読み
書籍化された本をすぐに買い
とにかく一人でも多くの人に知って欲しいと
周囲に話しまくり本を貸しまくり。

その時、実は先生にも施術中お話したんだけど
(福祉関連、ボランティアに興味あり
実際ご自分でもボラなど色々とされてるので
この本も絶対好きそう!と判断w)
施術中だったしとにかく忙しそうだし
覚えてないだろうなと思ってたんだけど
やっぱり自然と辿り着きましたね、大野更紗さん。

大野更紗さんはミャンマー研究を
している大学院生だった当時
いきなり原因不明の病気を患い
病名がわからない間、いくつもの検査を受け
ようやく難病指定されている「皮膚筋炎」と
「筋膜炎脂肪織炎(きんまくえんしぼうしきえん)症候群」
の病名がようやくついて初めて
国の色々な公的な援助を受けられるようになったものの
公的な援助に対し膨大の書類の手続き
その対処を目の当たりにし
目に見えない障害含め様々な障害を持って
生活している人の大変さを
当事者ならではの立場からユーモアある
文章で世間に対して問題提起されてます。

前回はその病名がつくまでの大変さ
病状についてとても詳しく書かれてますが
今作は実際にシャバ=一人暮らしを
初めての困難さについて
2011年の震災も含めて書かれてます。

これを読んだ健常に日々暮しているあたしたちが
実際どんな行動を取れるかはその人それぞれ
出来る事は限られてる。
でも「その事を知って」いてその「社会のシステムは
おかしい」と口の端に出して行けば
それだけでも十分変わって行く事はあると思う。
だから一人でも多くの人にこの本を読んで
そういう人たちがいることをまず知って
広めて欲しい、そう思える本です。
まずは前作の「困ってるひと」もぜひ。

見えない障害についても
考えるきっかけのひとつになれば。




あたしなんで前作読んだ時ここに
感想残しておかなかったかなぁ?
つか読んだ本全然残してないじゃーん。
って本、読むのめっきり減りましたが。
またこまめに本読んでちゃんと残しておこうっと。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon