:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
砂漠:伊坂幸太郎
2006年 07月 30日 |
a0104226_28434.jpg
 伊坂の描く青春群像小説。伊坂が「青春」を描くと
こうなるんですね〜。んー、見事。
個性的な5人の大学生の実によくまとめられたストーリー。
読後感の気持ちよさ、そして読み終わることで
彼らとのつきあいが終わってしまうもの悲しさ、たった1冊で
それを感じたのは初めて。だいたい何巻にも
渡る本のとき、そーいうこと感じたりするんですけどねぇ。
それだけこの話の中にすっかり夢中に取り込まれていた、と
いうことでしょう。
もちろん伊坂ならではの「伏線」の張り巡らし方も。
そして時系列での読者に向けてだけの軽いトリック。
いやいやこれはもぅすっかり
騙されました。え?!って(笑)←言うとつまらないからねっ。
どうぞはまってください。

周りに関心を示さず常に上から物を見ているような鳥瞰型の
主人公北村、合コン大好き、オンナノコ大好きな軽いノリの鳥井と
変人としか言いようのない「自信家」で熱いオトコの西嶋、
とびきりの美人だけれど無表情でクールな東堂、
大人しくて陽だまりのような女の子、南の5人。
「幹事役の莞爾」に最後に言わせた一言はきっと
読んでる人みんなが思うことなんじゃないかなぁ。

青春群像小説って苦手なんですけどね
熱いの苦手だし。
でもそのあたしがさらっと読めた上、その世界にはまるなんてね。
これがきっかけで学生主人公な青春モノをこれから
ばしばし読みまくる。
なんてことまるではない。

「そこからかよー。」

やば。むちゃくちゃ気に入ってる(笑)
[PR]
<< 消えた女 彫師伊之助捕物覚え:... PageTop 七つの怖い扉:阿刀田高 他 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon