:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
倒錯のロンド:折原一
2006年 09月 30日 |
a0104226_22291727.jpg
 折原一、初めて読みましたが中でもこの作品は
評価が高く、あたしが気に入ってる「葉桜の季節に
君を想うということ」に匹敵するほど
「ラストであっと驚く」作品としてあちこちで
薦められているので楽しみにして読みました。

ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが
月刊推理新人賞に応募しようとした作品が
盗作されたと主人公の手記から始まる話。
自分が応募していれば、あの生活は自分のものなのに。。。と。
倒錯した主人公に様々な形で追い詰められた作家は
徐々に倒錯していく過程が語られていきます。

が。。。
至って単純なストーリーをテクニックでフクザツに
見せかけて読者をあっと言わせるこの手の
トリックはミステリーファンの中でも意見の
わかれるところラシイのですが
あたしは嫌いじゃないんです、そーいう「叙述トリック」
でも、これはちょっとなぁ。

まず文章がダメ。生理的にだとは思うけれど
うまいと感じない。
さらに登場人物達に魅力がない。
脇役にも脇役の個性、その人がその登場シーン以外でも
生きているくらいの個性と魅力
これが徹底的にない。
(今、気づいたけれどあたしの嫌いな☆●一臭がする!
出てくる女がみんな似たような感じの!)
殺された人たちみんな殺され損じゃん、と
あっけらかんと言いたくなるほどどこかコメディタッチ。
そうやってコメディとトリックのみを楽しめば
さらっと1時間程度で読める気楽ないい本です。
二度と読み返さないけどね。トリックすぐわかっちゃったし。
もっと驚かせてくれよぅ〜〜〜(苦笑)
[PR]
<< 殺戮にいたる病:我孫子武丸 PageTop パレード:吉田修一 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon