:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
ウォーレスの人魚:岩井 俊二
2007年 07月 27日 |
a0104226_2231026.jpg
ダーウィンと同じく“進化論”を唱えたイギリスの
博物学者・ウォーレスは、『香港人魚録』という
奇書を残して1913年この世を去る。
2012年、セントマリア島を訪ねた雑誌記者のビリーは
海難事故で人魚に遭遇する。
マリア一号と名付けられたその人魚は
ジェシーという娘に発情してしまう。
2015年、沖縄の海で遭難した大学生が
海底にいたにも拘わらず、三ヵ月後無事生還する。
人はかつて海に住んでいたとする壮大な説を追って
様々な人間達の欲求が渦巻く。進化論を駆使し
今まで読んだことのない人魚伝説を圧倒的なストーリーテリングで描く渾身作。
(「BOOK」データベースより)

ごくごく普通に生きてきたはずの自分が実は
人魚の末裔だったら。。。

岩井作品は映画だけで初めて文章で読みました。
予想よりもずっと読みやすい文章、引き込まれる展開。
かなり楽しんで読めました。
かなり調べてあるのかやけに科学的な表現が
がっつりきますが後半になるにつれ
幻想的であり、もしかしてこんな説が本当に
あってもいいのかもと思わせるくらい。
まぁ多少のつっこみどころや
あぁ、岩井作品(「ピクニック」とかね)にあったような
グロテスクな描写はありますが
それよりも先を読みたいと思わせます。
小説なのですが、言葉の流れ、会話のテンポは
やはりどこか映画にそのままなりそうな。
でも映像ではあまり見たくないな(苦笑)
[PR]
<< 哀愁的東京:重松清 PageTop さくら:西 加奈子 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon