:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
悪いうさぎ:若竹七海
2008年 02月 11日 |
a0104226_19453170.jpg
女探偵・葉村晶は家出中の女子高生ミチルを連れ戻す仕事で
怪我を負う。一ヶ月後、行方不明のミチルの友人・美和探しを
依頼される。調査を進めると他にも姿を消した少女がいた。
彼女たちはどこへ消えたのか?
真相を追う晶は、何者かに監禁される。
飢餓と暗闇が晶を追いつめる。
好評の葉村晶シリーズ、待望の長編!

若竹作品は「海神の晩餐」だけ読んだことがあり
ユーモアもあり優しい空気感のある作家さんだと
思いました。まぁ結局、あの表紙のイラストが脳にインプットされ
そのイメージのまま読んだからかな、と思いましたが。

コレもやられました。インプットされちゃって。
でも詐欺ですよ、この表紙じゃまずいっしょ?(苦笑)
というくらい、はっきり言って読後感の悪い作品。

これは「プレゼント」「依頼人は死んだ」という女探偵葉村晶の
シリーズの長編なのですがこの主人公の晶が
もぅ次から次へと、やっかいごとに巻き込まれていく。
何もこんなにもいっぺんに来なくても、と思うくらい
もぅたたみかけるかのように。
こりゃ、どんな冷静、クールな人でもいっぱいいっぱいに
なるよな、ってくらい。
進まない人探しに、一緒に調査したワガママな凶悪おぼっちゃまに
逆恨みされたり、友達は友達で結婚詐欺と付き合ってるのを
偶然知って、止めようとしたら逆に大喧嘩になり
自分の生活空間に入って来た女子高生は
またこちらはこちらで最悪な家庭環境だし。。。
うわ、ここにも問題が、あ、ここにもトラブルがってな具合。

それだけでも結構読んでいて疲労感があるのですが
事件の解決が進むともぅ、ほんと嫌な気分。
そりゃないでしょ、ってくらい。
こーいう作家さんだったのか〜(苦笑)

ただ、政界や財界等の大物を扱っているわりに
甘いな、と感じる部分もあり。
これだけのことを自由にできる人物と言ったら
お金持ちよね?くらいのイメージで職業を選択してるような。
そこらへんのリアリティはゼロ。
事件そのもののリアリティと言ったらそちらもまたゼロなんだけれど
それはむしろ、あって欲しくないという願望かもしれないなぁ。

あ、大家さん、いいね。この手の話にはこーいうキャラも
組み込んでおかないとね、という予定調和のように存在。
つーか、なんか色々なものの焼き直しにも感じるのですが(苦笑)

あえてネタバレはしません。
しませんが、ひと言言うのなら表紙で騙されちゃいけません。
(そいえば桐野作品もよく表紙で騙されるんだよなぁ(苦笑)
桐野作品の表紙はツボが多いけど、こちらは特に趣味ではない
イラストなんですけどね)
まぁとにかく後味の悪い作品。面白い本なんですけどね。
一気読みさせる技量もあるし。

とりあえずこのシリーズの1作目、2作目も読んでみようかなとは
思いました。
[PR]
<< 玉瀾:桐野夏生 PageTop ゆび:柴田よしき >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon