:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
そして粛清の扉を:黒武 洋
2009年 01月 04日 |
a0104226_1805942.jpg
一人の女教師が学校に血の戒厳令!卒業式前日、人質の生徒処刑が始まった。一人、また一人…。もう誰も逃げられない—。周到な計画、警察との攻防。強行突入か、説得か。タイムリミットが刻々と迫る。TV生中継のなか、ついに教師は用意された身代金で、前代未聞の「ゲーム」を宣言した…。第1回ホラーサスペンス大賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)

未成年犯罪の被害者の遺族による復讐の物語なのですが
その設定を高校の教室内でその学校の女教師によって
行われるというその設定からして
かなり「ぶっ飛んだ」作品。

文章的には些細な部分で難があるものの
それを十分に補えるスピード感とテンポのよさ
そして絵が浮かびやすいほどの描写力で
一気に読ませます。
エンターテイメントとしては映像化しても
いけるのでは?と思いますが結構、グロそうですね。

あれだけの大人数を相手に女教師が武器を手に
してるとはいえ、歯向かえないものかという疑問点に
関しては、あたしはありだと思いますね。
死体が教室内に転がっている、いつもは「弱いもの相手」にだけ
強者として立っている子たちが、いくら何人集まったって
その立場に立つ異常性、そして「集団で自分に
向かって来ても最初に来た一人は必ず殺す」と
宣言されたら、その子たちが、「その一人」になるわけがない(苦笑)
そう言った意味で、この展開は「あり得る」と思います。

また、この主人公である女教師の軸がぶれないのがいい。
最後まで貫き通して欲しいと思いながら読む自分がいました。
果たしてその復讐が正しいものかどうかは別として。
それにしても、よくこれだけ1クラスに「とんでもない生徒」を
集めたもんで(苦笑)そっちの方がよほど非現実的かな。
強いて言えば、女教師が復讐という立場に立つにあたっての
動機が弱いと言えば弱いかも。
そりゃ、大切な、他に血縁関係がまったくなくたった一人の
我が子を殺されたら、そこに弱いも何もないわけですが
小説としては、もっとその部分にページを割いてもよかったかも。
ただ、応募作品ということでページ制限もあったことだろうし
きっと作者自身も深く描きたかったのではないかと思います。
まぁそこまで深く描いても、だれないかどうかの問題がまた
別に出てきそうですが。

D組の生徒達が犯していた犯罪の一つ一つが
現在の日本の側面を象徴しているような事柄ばかりで
そちらの方も背筋がぞっとします。
超過激な問題作。
新年早々読むにはいかがかと(笑)
まぁラストまできちんと描ききれてる分、物語としては
すっきりはしましたが、どうしても少年犯罪がベースとなった作品は
考えれば考えるほどせつなくやるせない気持ちになりますね。
[PR]
<< 邪魔(上下巻):奥田 英朗 PageTop おめでとう:川上 弘美 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon