:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
夜は短し歩けよ乙女:森見 登美彦著
2009年 03月 24日 |
a0104226_1423722.jpg
私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。
(「BOOK」データベースより)

これは確かに好き嫌いがわかれるところかも。
でもあたしは好きだなぁ。
なんていうんだろう。
まるで漫画を読んでるかのようにアタマの中で
キャラクターたちが動き回る!
とくに、文化祭なんてもぅ!

あり得ないことが山のように押し寄せてくるけれど
すべて「あり」!
これこそ小説の醍醐味なのでは、と思ったほど。
これほど純粋な片思いをつっぱしっちゃう男子、
時代設定はいつ?!とまず思うのですが
そのうちどうでもよくなる(笑)

本を読んでいてリアリティを強く感じることで
その世界に入り込むことと
突拍子もなく現実離れしてるからこそ
入り込んでしまうことと
どちらも本を読む楽しさ。
あらためてそれを感じさせてもらいました。

語り手が「先輩」と「乙女」と変わることで
それぞれの視点でしか判り得ないところも
読者は見えることができ、それゆえに
話の世界にさらにどっぷり。

この人の独特の言葉遣いさえクリアしたら
あの不思議で楽しい世界へまっしぐら。
ただひとつだけどうしてもクリアできなかったのが
乙女の使う「オモチロイ」
んー、これは何度もひっかかってしまったなぁ。

京都をよくご存知の方にはそちらでもきっと楽しめるはず。
読んでてすっごい京都行きたくなったもの。
まぁそれ以上にこれくらいお酒が強かったらおもしろいなぁ、と(笑)

どうでもヨイことですがあたしは文庫本の表紙より
単行本の表紙のが好きです。
[PR]
<< 黒冷水:羽田圭介 PageTop とんび:重松清 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon