:books:
achabooks.exblog.jp
  Top
あの歌がきこえる:重松 清
2009年 09月 10日 |

意地っ張りだけどマジメなシュウ、お調子者で優しいヤスオ、クールで苦労人のコウジは、中学からの友だち同士。コウジの母親が家でしたときも、シュウがカノジョに振られたときも、互いの道を歩き始めた卒業の日にも、三人の胸にはいつも、同じメロディーが響いていた。
サザン、RC、かぐや姫、ジョン・レノン・・・・・・
色あせない名曲たちに託し、カッコ悪くも懐かしい日々を描く青春小説。
(背表紙より)

もっと曲ごと、そのテーマがメインとなった短編集かと思ったのですが
曲はほんと添え物程度なのでその時代ジャストな年代の人でなくても
さほど抵抗なくその部分はスルーできると思います。

ま、ジャストならなおって感じで。

この本の前に読んだ「青春夜明け前」が当時の男子の性を中心に書いたものなら
こちらは友情や自分の進路、恋愛を中心に書いたもので
ただ設定が自伝的小説ということで、住んでいる地域や年代が同じため
多少混乱。続けて読むにはちょっと不向きだったかも。。。

主人公が中学校1年から高校3年の卒業式までの成長をおった
連続短編集。主人公も脇役たちもストーリー展開もそこはもぅ
重松なんで十分安心して読めます。
45歳前後、地方出身、大学から上京、そんな人にはまさに
ビンゴかも。
あたしも出て来る曲は全部わかるので十分その感じは堪能。

当時女子だったあたしに言わせるとユーミンの
「古いサンダルを履いてた」というフレーズが理解できないのが
理解できなかった(笑)あれは女子には共感するよねぇ〜。
なんて自分の頃と照らし合わせて読むとまた一興。

「案山子」は泣かせるなぁ。やっぱ重松。
[PR]
<< ネクロポリス 上下巻:恩田 陸 PageTop 青春夜明け前;重松 清 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon